DigiGazeについてレビュー&広告掲載

【100均検証!】ダイソー300円スピーカーの音質がやばい?!

100均検証
この記事は約7分で読めます。

最近100均の商品検証にはまっている僕です。

とりあえず僕が好きなジャンルであるガジェット系100円グッズは制覇していきたいところであります。まずはネットで話題になっているものをターゲットにして

  • 『本当に使えるのか?』
  • 『値段以上の価値はあるのか?』

こんなところをステマなしで紹介できればと思います。
(100均のステマなんてできないしね笑)

スポンサーリンク

今回は『300円ステレオスピーカー』

今回は結構話題になった『ダイソー300円ステレオスピーカー』をがっつりレビューしていきます。

人気が高すぎて一時期は品切れ状態が続いていました。

最近は増産されたみたいでどこのダイソーでも見かけるので、比較的入手性はよくなりました。

パソコンやモバイルバッテリーから給電できるUSBケーブルがついているので、今までの100円商品でありがちだった電圧不足による音の小ささは改善されているようです。

早速開封!

例え100円商品でも『ガジェット』を開封するときのワクワク感はいつになってもなくなりませんね。最高です。

梱包はビニール袋1枚という潔い梱包です。そこまで精密な機械というわけではないので気にはしません。梱包されている段ボールはスピーカー2基とぴったりサイズなので、中で固定されており動くことはないので傷などもつかないと思います。

本体のご登場!

プラスチックの質感は100円ショップの商品の中ではトップクラスだと思います。

少なくとも100円の商品にありがちな光沢質でパキッと割れてしまいそうなチープなプラスチックではないです。

表現力の乏しい僕のは説明が難しいのですが、マット仕上げでプラスチック自体はモチっとした感触。

力を加えても『ミシミシ』みたいな軋むような質感ではないと言ったらわかっていただけるでしょうか?

高級品という外観ではありませんが、100均商品と黙っていれば1,000円~3,000円くらいのものだと感じる出来です。

スピーカー本体から延びる端子は『3.5㎜ステレオジャック』『USB給電端子』の2本のみです。今回のスピーカーはかなり大音量なのですが、当然バッテリーなどは搭載していません。

常時USBケーブルから電力を給電し続けることで大音量を実現しています。電源スイッチは搭載しておらず、USBケーブルをつなぐと電源ONです。

『3.5㎜ステレオジャック』『USB給電端子』は1本にまとめられており、裂くことでY字の位置を変更できる仕様です。1度裂いてしまうと元には戻せないので、必要以上に裂けてしまうことを防止するために結束バンドなどで固定することをおススメしますね。

スピーカー裏には『音量ダイヤル』のみ搭載という非常にシンプルなつくりとなっています。

背面のみプラスチックも作りがボコボコしていて美しくはありません。まあ見えない部分だからいいんだけどね笑

スポンサーリンク

音量と音質はどんな感じ?

肝心の音量と音質についてです。

僕は普段SONYの『SRS-X55』というスピーカーを使っています。

↑こいつですね。

結構前のモデルなのですが、定価27,000円ほどの高級スピーカーです。野外でライブをする方が使っていたり、プロのクリエイターの方が使っている場面をたびたび拝見するのですが、これを音量、音質ともに10点満点として比較します。

今回のダイソーの300円スピーカーは

  • 音量8点
  • 音質6点

僕の体感ではこのくらいの評価となります。値段を完全に無視した上で、目をつぶって音楽を聴いた場合の評価です。

ダイソーの300円スピーカーと比較するのもおかしいかもしれませんが…

というより、ダイソーのスピーカーが優秀すぎます。

音量

音量は申し分ない音量です!というかかなりデカい音が出ます。

スピーカーの本体設定(ダイヤル音量)とパソコンや音楽再生デバイスの音量をMAXで再生すると、室内ではうるさすぎるくらいの音量が出ます。

夜間に最大音量で音楽をかければ120%苦情をいただくことでしょう。

しかも、最大音量で音楽をかけても音割れがほとんどないんです。

今回SONYの『SRS-X55』という機種と比較した場合に音量8点という評価を付けましたが、SONYのほうはうるさすぎます。笑

音量を最大に設定したら壁が剥がれてくるんじゃないかと思うほど音が大きいです。打ち上げ花火が爆発する瞬間に心臓まで音が響く感覚。そんな感じです。

ですからダイソーの300円スピーカーでも音が小さくて困ったなんて言うことはそうそうないんじゃないかと思います。

僕はまパソコンのデスクで使用する予定ですが、たぶん最大音量で使うことはないと思います。

音質

音質に関しては正直驚きました。

小さい本体なのでシャリシャリ音が出て当然だと思っていたのですが、シャリシャリ音はほとんどないです。その上に低音がしっかり出るんです。

もちろん空気の震えを感じ取れるほどの重低音はあまりないんですが、目をつぶって聞く分には3,000円くらいのスピーカーと並ぶ音質を持っているという印象を受けました。

300円という金額であれば大いに買いです。(^^♪

しかし、10,000円を超えるようなスピーカーの音を聞きなれている人にとっては音質が良いとは言えないかもしれません。

  • 重低音→ほとんどなし
  • 低音 →しっかり聞こえる
  • 中温 →がっつり高音質
  • 高音 →ちょっとこもるけど問題なし
  • 超高温→こもるorほとんど聞こえない

こんな感じの印象です。10,000円を超えるスピーカーとなってくると、ざっくり分けた上記の5種類の音域はほぼ完璧に再生できるんです。

300円スピーカーは高音域が少し弱い、故にシャリシャリ感が出にくいといった理由で安っぽい音が出ないのかもしれません。

僕は高温がキンキンする音が好きではないので、まったり低音が再生されるこのスピーカーが結構好きです笑

  • 高音大好きな人→こもって聞こえてちょっと不満
  • 低音大好きな人→まったりとした音質で実用レベル

たぶんこんな感じ。僕は後者です。

スポンサーリンク

ダイソー300円スピーカーは買い?

好みが分かれる音質だったり、比較するスピーカーが高級品だったりというちょっと変わったレビューになってしまいました。だがしかし!

このスピーカーはおすすめできる?という質問に対しては『できる』と断言できます。

10万円前後のノートパソコンや5万円前後の液晶テレビのスピーカーと比較すると、同レベル。もしくは300円スピーカーの勝利といえます。(僕の体感ですが。)

今回は文章ではありながら皆さんに300円スピーカーどんな立ち位置のスピーカーなのかという部分を知っていただきたく“あえて”高級スピーカーと比較させていただきました。

少なくとも300円で同レベルの物を手に入れるのは現段階では不可能ではないかと感じます。

また使ってみて気が付いたことがあったら追記します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました