DigiGazeを楽しんでいただくために

アフィ氷河期に個人ブログで企業や公式に負けないプロセス【2019年キーワード戦争時代のアフィリエイト事情】

ブログ構築
この記事は約18分で読めます。

こんにちはRYUさんです。

最近アフィ関係の内容をアップしていませんでしたので、久々に書いています。

最近ではブログアフィリエイトが氷河期とかオワコンとか言われてて内心ショックです。趣味のブログとして始めましたが、今ではしっかりちゃっかり収益化できるようになりました。

今後もアフィ関連で動いていくのは間違いないと思いますので、皆さんよろしくお願いします。

この記事はアフィリエイトを本気で実践する方向けに書いた記事です。

  • ブログは趣味程度でお小遣い程度で良し!
  • 好きなことをひたすら書きたい!

みたいな人はこの記事には読んでいて退屈だと思います。

  • 俺はアフィ王になるんだ!
  • 専業になりたい!
  • ブログ飯で生きていくんだ!

みたいな考えを持つブログ・アフィ初心者の方にとっては有料級の情報になってくれるんじゃないかと思います。

もちろんnoteみたいにここから有料ですとか、メルマガ登録してくださいとかは一切なく、最後までチョコたっぷりなのでご安心ください。

✔それでは本編です。

スポンサーリンク

個人アフィリエイターは本当にオワコンなのか?

『個人アフィリエイターは本当にオワコンなのか?』という最近の議題ですが、結論から言いますと終わってはいないです。

僕個人の感想としては『昔が良すぎた』という一言に尽きます。

僕って実は高校生の頃にアフィリエイトを知って、無料ブログを開設していたんです。A8netで広告打っていたんですが、無知識の僕が適当に作った記事で月に5万円くらい稼いでた時期がありました。

アクセス数も月間3,000とか4,000とかだったと思います。それで月に5万円。

『楽勝じゃん』みたいな感じでチャチャっと稼いで遊んでばっかりいて、大学に進学して興味がほかのものに移ったりしていて高校卒業後は2年以上ブログ・アフィから離れていました。

この時期と比べると明らかに稼ぎにくくはなってます。

今(2019年現在)で開設から数か月の個人ブログが月間PV3、4,000で月5万円も稼いでいたらバケモンです。

昔はアフィ自体をやっている人が少なかった、というか知っている人自体知らなかったと思います。今で言う次世代回線の5Gみたいに『名前は知ってるけど、どんなもんかは知らん!』みたいな。

今は『アフィリエイト』なんてみんな知ってて、いざやろうとなるとどんな情報でも無料検索で出てきてしまいます。有料商材がなくなりつつあり≫有料級の情報は無料化される時代になってしまいました。

これで競合が増えまくってしまったわけです。アフィリエイトってセンスでも才能でもなく『継続力』がメインなので、ぶっちゃけ誰でもできます。(5年前だったら)

5年前くらいから『アフィリエイトは継続で稼げる!』という情報を信じて実践した人たちが、まさに今うまい汁を吸ってる時代です。

では今はどうなんでしょうか?

継続はもちろん、他の上をいく(優良コンテンツ作成の)センスが求められてきている時代が来てしまいました。継続はもちろんですが、『センス』ってなかなか難しい…

前振りが長くなってしまったのですが、

『アフィ氷河期に個人ブログで企業に負けず収益を獲得するプロセス』

というタイトルで、今必要なアフィリエイトで勝てるセンスについて解析していきます。

スポンサーリンク

ASP(広告提供サイト)にある内容ではもう勝負できない

これは直近のGoogleエンジンの大型アップデートで『企業サイトが優先される』という検索エンジンの仕組みとなってしまいました。

これだけでピンとくるくらいショッキングなアップデートです。

ダイエットと調べたらダイエット専門の企業がトップで表示され、個人で運営する『〇〇のダイエットブログ!』みたいな個人は検索順位を下げられるという内容です。

  • ダイエット
  • クレジットカード
  • 金融系
  • 化粧品

こんなASPでは“定番”となったジャンルでは、企業が検索順位を独占している状況となってしまっています。

しかもこのジャンルは広告単価が高い&売れやすいという特徴があって、個人でも競合が多いです。

今からこのジャンルで戦うには

大企業&強豪個人vsちっぽけな僕

という無謀なフィールドで戦わなくてはいけません。パーでどうやったらチョキに勝てるかを全力で考えるくらい無謀です。

スポンサーリンク

企業と強豪アフィリエイターに勝つのはちょっと無理

企業と強豪アフィリエイターに新規参入アフィサイトが勝つことはむちゃ厳しいです。

勝てる可能性があるとすると、大きなメディアやたくさんのアクティブユーザーのフォロワーを持つSNSアカウントをすでに持っている場合です。すでに集客という最大の難関をクリアしていることになるので、そこからうまく誘い込めれば新規参入のサイトでもある程度までの成長は簡単です。

どんなジャンルでも顧客リスト(ブログ、サイトの場合には読者、アクセス数)を多く持っていればそれだけ最強になります。

読者、アクセス数がない場合で新規サイト+定番カテゴリ(ダイエット、クレジットカード、金融系、化粧品など)を選択した場合に勝ちあがっていくのはまず不可能です。

加えて、個人のにわかな知識では強豪の知識にはかないません。後は、圧倒的な資金力を持っているので、強豪、企業は『記事外注』か当たり前です。

個人の弱小は濃い内容での投稿(3000字)を毎日投稿できれば頑張ってる。というか、そのくらいが限界だと思いますが、記事外注をしているサイトは同じ日付の投稿が10記事とか20記事とかが平気で上がってます。しかもべらぼうに濃い内容で。

どうあがいても個人(一人)では勝ちようがないです。入る隙すらありません。

僕ら個人の弱小は大規模サイトができない『隙』の中に入り込んでアクセス数を稼ぐしかないんです。

スポンサーリンク

個人が入り込める『隙』を探すことが困難

5年前のアフィリエイトは『100%の努力』で何とかなる時代だったように感じますが、今現在は

『99%の努力と1%のセンス』

といった感じになってます。いろんなところで聞くフレーズみたいになってしまいましたが、ほんとにそんな感じです。

初心者からしたら

  • サイト運営
  • デザイン
  • うまい文章

ここら辺もセンスじゃない?と思われがちですが、サイト運営しているうちに必ず慣れてきて、サイト運営開設後1年たったらほぼ100%できるようになってます。もちろん努力は必要ですが、センスってほとんどいらないです。

ネット上にたくさん情報が出回ってますし、最悪わからなかったら猿真似でも通用する箇所なんです。

問題なのは『ジャンル選び』や『記事ネタ選び』という発想、ヒラメキや将来のサイト像を想像して構成していく1%のセンスです。

ここは残念ながら努力ではどうにもなりません。

僕もこのサイトの構成、記事のつながりをよく見直しますが、正解か失敗かわからない部分が多くあります。

自分は全く気が付いていなくても

  • 世の中から需要がなかったり
  • まとまりがなかったり
  • 振り返ってみるとただの日記だったり

こういう内容って初心者の方にありがちなんですが、定まっていない(間違った)ベクトルでは努力は無駄になってしまうのが最近のアフィリエイト事情です。

『初心者の方にありがち』と書いたのは初心者の方をバカにしているのではなく、昔の僕がそうだった方です。日記みたいに意味のない(周知の)情報を自信満々に書いてドヤってましたから笑

しかし、この方法でも稼げた時代があったのも事実。時代とは残酷です。

話が少しそれてしまいましたが、『ジャンル選び』や『記事ネタ選び』という発想、ヒラメキや将来のサイト像を想像して構成していく1%のセンスを身に着けることは超高難易度であるということをお伝えしたかったのです。

具体的には狙っているキーワードとか、どんなサイトの流れでアフィ広告を成約させるか。

この部分を公開している人ってほとんどいないです。僕の知っている人では『坂内マナブ(マナブログ)』さんくらいだと思います。マナブさんは潔いくらいに全公開してるんですが、普通の人だったらキーワードとられてアクセス数もとられます。でもサイトや記事の完成度が高いので他に何されても負けない強いサイトだと思います。

この部分は努力ではどうにもできないので、自分で実験を繰り返して考えて考えて考えて考えて。『ある時のヒラメキがサイトの運命を変える』くらいのイメージのごく小さな1%です。

スポンサーリンク

これから新規参入できる個人アフィの『隙』

あくまで初心者の方や、自分のサイトが伸び悩んでいる方向けで

  • 僕が考えたこと
  • 実践してよかったこと
  • ほかの方の意見で参考になったこと

などをポンポン書いていきます。間違ったことや偏ったこともあるかもしれませんが、そういったご意見は下部のコメントよりご意見ください。

サイト(ブログ)の型はどれがいい?

まずはカテゴリの前の問題で、投稿内容はどんな型がいいのでしょうか?

『アフィリエイトで稼ぐ』という目標を掲げてWEBサイトを立ち上げるには

  • 特化型
  • 雑記型
  • トレンド型

この3つが一般的なのではないかと思います。それに加えて最近話題になりつつあるのが

  • 炎上型
  • インフルエンサー型

この5パターンが最近の主流型だと感じています。

特化型

✔メリット

特化型サイトはアフィリエイトをするにおいて1番収益効率がいいサイトのスタイルです。

人気サイトになれさえすれば安定した収入が見込めます。

サイトのテーマが『ダイエット』だった場合、ほぼすべての記事がダイエット関連というサイト構成なので、読者の回遊率が高く離脱率が少ない。

検索からサイトに訪問してくる読者は必ずダイエット関連の情報を求めてやってくるので、広告のクリック率や案件の成約率が非常に高いです。

✔デメリット

サイト更新がかなり苦痛になってくる可能性が高いです。

サイト運営初心者が安易に手を出すとアフィリエイトが嫌いになってしまうと思います。

ジャンルが縛られているのでネタ切れなどは日常茶飯事で、コンテンツ数を増やすのではなく質の高いコンテンツを構築していく必要があります。

冒頭でも書きましたが、すでに特化型の強豪サイトがありすぎます。

ダイエット、クレジットカード、美容、などの王道単一キーワードで攻めるのは無理があります。勝てません。

雑記型

✔メリット

なんでも自由に書けるので更新はかなり楽です。

サイトの方向性を深く考える必要がないので日記感覚でも続けていくことができます。アフィリエイト案件(広告)を選ぶ場面でも自分の気になった案件を自由に選択できるのでかなり楽しいです。(アフィリエイトに興味がある人であれば)

内容を選ばない『Googleアドセンス』との相性がいい。(楽っていうのもあります。)

✔デメリット

『サイト運営でがっつり稼ぐ』という目標を掲げた人からするとやりがいを感じられないことが多いです。

読者が『サイトとしてまとまりがない』と感じてしまうことが多い。

各記事ごとのテーマや内容に統一性がないので、読者は最大でも2,3記事読んで離脱してしまいます。

最大の問題は雑記で大きく稼いでいるサイトは極端に少ないという現実です。

トレンド型

✔メリット

最新の流行りをいち早く記事にすれば、3ヶ月で10万円達成と言われている中、1ヶ月目でも達成できる可能性を秘めている。

アフィリエイトのジャンルの中では稼げる速さが圧倒的。

✔デメリット

1記事1記事の命が短命なので、更新し続けないとアクセス・収益ともにパッタリとなくなってしまう。(不労所得や資産にはならない)

毎日3記事更新くらいで当たり前。

ヒットするネタ探しを発見するのが超タイヘン。しかもライバルに越された情報は価値がなくなってしまう。

芸能人の追っかけや、有名アーティストをテーマにする場合ジャンルのサイトよりも(著作権や権利的な問題で)リスクが高い。

炎上型

✔メリット

いい意味でも悪い意味でも即座に名前が売れます。

✔デメリット

大体の『炎上系』と呼ばれる人は入念に計算しています。

ただバカなことをした結果の炎上や、計算外での炎上で稼ぐことはできません。自分の本名に『ただのバカな人』というレッテルが張られて独り歩きしてしまうので、将来を失う可能性があります。

常人が狙ってできるものではありません。

インフルエンサー型

✔メリット

大成功すれば、どこへ行っても芸能人と同等の扱いとなります。

『この商品いいですよ!』という売り方ではなく『僕使ってます!』という売り方だけで、自分の人気に比例して売れるようになります。

✔デメリット

成功までの道のりは長いです。また、パイオニアの情報をまねしても成功できないので、全部自分のセンスとアイデアと行動次第。

成功すると自由がなくなり、私生活にも気を配る必要があります。ブログでインフルエンサーとして活躍している人は少なく、どちらかといえば今はYouTube向け。

各『型』のデメリットが強すぎる。

  • 特化型
  • 雑記型
  • トレンド型
  • 炎上型
  • インフルエンサー型

5つの型でのメリットデメリットを書きましたが『率直にデメリットが強すぎます。』

数年前まではデメリットはもっと少ない状態で新規参入でもある程度は戦えるといった状況でしたが今ではかなり難しい時代となってしまいました。

ここで今ある強豪との差別化を図るには『独自の型』編み出すということが大事になります。

スポンサーリンク

最近の主流は『特化+雑記』で他と差別化

『特化型雑記ブログ』『雑記型特化ブログ』

呼び方はいろいろありますが、『特化+雑記』という型でブログを書くと初心者にとって優しいアフィリエイトサイトを構築することが可能です。

僕が過去の書いた»【アクセス3倍】雑記ブログ?特化ブログ?同時にやればいいのだ!【ブログ初心者向け】という記事を見て実践してくださる方が増えた印象です。

これからこの記事の要約+発展という内容を書きますので、パパっと要件を知りたい人は上の記事を読んでいただかなくても大丈夫です。細部まで知りたいという方は是非読んでみてください。(5分くらいで読めます。)

具体的な『特化+雑記』を実践する方法

まずは具体的なジャンルを決めます。

僕のこのサイトがここまで構築された経緯とともに解説していきます。

僕のこのサイト(Digigaze.com)はもともとパソコン関係の記事の特化ブログでした。始めた理由は単純でパソコンに無限の可能性を感じていたことと、僕が機械いじりが好きだったという単純な理由からです。

  • パソコンの操作方法
  • パソコンの作り方
  • 便利なアプリ紹介
  • パソコンとスマホの違い
  • デスクトップとノートの違い

こんな感じの内容で勝負していたんですけど、アクセス数と読者はなかなか獲得できません。

パソコンの販売、組み立ては『家電量販店』や『ドスパラ』が上位記事を総なめにしていますし、今更自作パソコンを作るなんてマニアックな人って、僕の想像以上にいなかったんです。気が付いた時には『オーマイガー』状態でした。笑

»【アクセス3倍】雑記ブログ?特化ブログ?同時にやればいいのだ!【ブログ初心者向け】には

  • パソコン
  • アフィリエイト
  • マネタイズ

という3ジャンルで書いてますと書きましたが、今は若干違います。

  • パソコン(自作メイン)
  • アフィリエイト
  • ブログ構築(アクセス解析)

メインはこの3軸で、そのほかにゲーム、電子工作とかライフスタイル関係が来ます。

結論から言いますと、パソコン1本で絞ってた時に比べて、パソコン(自作メイン)、アフィリエイト、ブログ構築(アクセス解析)の3ジャンルに増やしてからはアクセス数が15倍くらいに増えました。純粋なオーガニックサーチの値が15倍です。

初心者における『特化+雑記』のジャンルは3つが最適。

くどいようですが僕は

  • パソコン(自作メイン)
  • アフィリエイト
  • ブログ構築(アクセス解析)

という3ジャンルでこのサイト(Digigaze.com)を作っています。

ジャンルは3つまでにしておきましょう。これ以上増やすと主軸の3ジャンルの関連性を持たせるのが大変です。特化ブログに見せかける上で2ジャンルに増やすことはそこまで大変ではありませんが3,4,5と増やすごとに関連がしんどくなります。

イメージとしてはこうです。

黒丸が主軸記事ジャンル。
それらを結ぶ直線は主軸記事の関連をを持たせる結びつけの線です。

  • 1ジャンルで0本
  • 2ジャンルで1本
  • 3ジャンルで3本
  • 4ジャンルで6本
  • 5ジャンルで10本

この関連線が多すぎると読者は雑記だと感じてしまい回遊率が下がります。同時に結びつけの線の本数がブログを特化だと見せかける難易度だと考えてください。

言い方を変えると

  • 1ジャンルで特化だと判断させる難易度レベルは0
  • 2ジャンルで特化だと判断させる難易度レベルは1
  • 3ジャンルで特化だと判断させる難易度レベルは3
  • 4ジャンルで特化だと判断させる難易度レベルは6
  • 5ジャンルで特化だと判断させる難易度レベルは10

僕みたいなアホだとレベル5を超えた時点で特化だと見せかけることは不可能だと考えておいてください。

なぜ?特化ブログ仕立て上げるのか?

何故ここまで特化ブログに見せかけなければいけないかの理由です。

初めにブログの大道5型を解説しましたが、特化のメリットを実現させるためです。

✔特化型のメリット

  1. 特化型サイトはアフィリエイトをするにおいて1番収益効率がいいサイトのスタイルです。人気サイトになれさえすれば安定した収入が見込めます。
  2. サイトのテーマが『ダイエット』だった場合、ほぼすべての記事がダイエット関連というサイト構成なので、読者の回遊率が高く離脱率が少ない。
  3. 検索からサイトに訪問してくる読者は必ずダイエット関連の情報を求めてやってくるので、広告のクリック率や案件の成約率が非常に高いです。

2番目、3番目のメリットに注目です。

サイト制作者の意図は関係なしで読者が『特化』と判断すると回遊率が高く離脱率が少なくなり、広告のクリック率や案件の成約率が非常に高くなるんです。

次に特化のデメリットを見ていきましょう。

✔特化型のデメリット

  1. サイト更新がかなり苦痛になってくる可能性が高いです。サイト運営初心者が安易に手を出すとアフィリエイトが嫌いになってしまうと思います。
  2. ジャンルが縛られているのでネタ切れなどは日常茶飯事で、コンテンツ数を増やすのではなく質の高いコンテンツを構築していく必要があります。
  3. 冒頭でも書きましたが、すでに特化型の強豪サイトがありすぎます。ダイエット、クレジットカード、美容、などの王道単一キーワードで攻めるのは無理があります。勝てません。

中は雑記、見た目は特化でサイトを作ると特化型のデメリットを打ち消すことができます。

  1. 見た目が特化でもサイト製作者側は半特化(雑記の要素あり)なのでサイト更新が苦になることはありません。完全にないとは言えませんが、1ジャンル縛りの時と比べてストレスは3分の1です。
  2. ネタ切れもさほど心配はなく、扱えるジャンルは3個なので、ネタの数も単純計算で3倍になります。
  3. 大道キーワード単一の勝負ではなく、3ジャンル(2ジャンルでもいい)も関連で引っ張ってこれるので、キーワード戦争にはなりにくい。

雑記っぽいサイトを3ジャンルで構築するだけで、読者は関連で広がり、サイト運営者は雑記っぽく(楽に)サイトを育てていくことができます。これは体験談だけでなく実際にこうしてうまくいった方や、このようなことがかかれた記事が増えているので確実な作戦だと思います。

いま特化で実践している人で、サイトの伸びが止まっている方でも現状のサイトをつぶすことなくジャンル追加のみでサイトをよみがえらせることができます。結構最強な情報だと思います。

この賞と同じような内容のnoteも発見しました。»Googleアップデート後も個人が生き残る!公式と競合しない弱者のアフィリエイト戦略(外部サイト)

3ジャンル『雑記+特化』型ブログの話の広げ方

3ジャンルで展開する『雑記+特化』型ブログ注意としては、一歩間違うと雑記になってしまうというところです。

パソコン
マウスはこれ
キーボードはこれ
最新機種はこれ
スマホもいいかもよ?

これが正解な伸ばし方です。

パソコン
マウスはこれこのメーカーはこんなところがいい他にも便利なものを作っているマウスと同じメーカーのDVDレコーダーが素晴らしい×DVDで映画を見るなら映画〇〇がオススメ×このキャストはこんな演技が上手××

このように永遠と伸ばしていくことは間違いです。3主軸で決めたジャンルから離れていけばいくほどほかの主軸から伸びる他ジャンルまでの道が遠くなってしまいます。読者が繋がりに気づけないと回遊率は上がりません。

見た目的にもただの雑記ブログになってしまうので、主軸3本から引っ張ったサブジャンルから新たなジャンルを考えることはやめましょう。

スポンサーリンク

企業サイトと戦うなら企業のまねをしてはいけません。

この記事には『企業や公式に負けないプロセス』というタイトルが入っていますが、自分(個人)の作ったWEBサイトで企業サイトをフルボッコにしてやろうぜ!という意味合いではありません。

企業サイトと差別化を図って自分のサイトを隙間から目立たせましょうという意味合いでカテゴリの選び方、サイトの型の決め方を解説しました。

個人サイトでやっていくもう一つの項目がデザインです。

企業の真似をしてはいけません。

僕は家電量販店のサイトなんかが好きで、自分のサイトもこういう『カチッ』としたデザインにしたいな。

というのが僕の当初の目標でした。しかし真似をし始めて致命的なミスが浮き彫りになってきます。

個人サイト上の四角いバナーはクリックされないという事につきます。広告がバナーの場合とさりげないテキストの場合で比較していきます。

✔バナー具体例

僕が旅行が大好きです。いつもトリバゴでホテルを探しています。各社ホテルの料金比較が簡単にできたり、予約サイトまで案内してくれるのでとても便利です。トリバゴは下のバナーをクリック!↓



✔テキスト具体例

僕が旅行が大好きです。いつもトリバゴでホテルを探しています。各社ホテルの料金比較が簡単にできたり、予約サイトまで案内してくれるのでとても便利です。トリバゴ(torivago)公式サイトで簡単にはじめることができます。

結果はどうなの?

僕にサイトに限っての検証結果ですが、バナー広告に比べてテキスト広告のクリック率は驚異の370%増でした。

具体例の内容は適当ですが、バナーが出てきた瞬間は胡散臭いと感じる人が多いみたいです。

考えてみれば、広告の写真をクリックした経験はあまりないですが、調べものの際はWikipediaとかのテキストリンクはめっちゃ踏んできています。

本能的な部分での判断だとは思いますが、作り込まれた企業サイトの真似をした初心者のバナーリンクはクリックされません。シンプルなWEBページ作りを心がけましょう。

スポンサーリンク

最終的には泥臭い努力と作業量!

最終的には正しい方向で泥臭い努力を続けたもの勝ちです。

文章としては少々長い10,000文字弱という量になってしまいましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございました。

アフィリエイト初心者や小さな個人WEBサイトをお持ちの方は本記事の内容を実践してグッと伸ばしてみてください。多少なりとも効果は出るはずです。

これ以上長くなってしまっても申し訳ないのでここで終わります!とにかくさぼらずに続けていきましょう!

ブログ構築
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze【デジゲイズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました