DigiGazeについて広告掲載について

新型速報iPhone11とその他ラインナップのApple発表内容!PROとの違いも!

ガジェット
この記事は約6分で読めます。

9月11日早朝?深夜?のApple🍎イベントの『iPhone限定』の速報です!

ついに発表されましたね!発表を見てほしくなってしまいました笑

Appleのイベントをリアルタイムで見られなかった方向けに日本語でまとめてみました。

僕のにわかな英語力で翻訳したものなので、間違いがあったらすいません。

9月11日午前6時の段階で編集中ですが、更新しながらの公開となります。はじめは箇条書きスタイル書いていきますので、見にくかったら申し訳ありません。後に記事として完成させます!

スポンサーリンク

iPhone11

まずはiPhone11からです。

素材はアルミニウムと両面ガラス製でカメラ部分が縦長デザインから真四角なデザインに変更されています。洗練されていいデザインです。

仕様

おおざっぱですが仕様の解説です。

  • ホワイト
  • シルバー
  • イエロー
  • グリーン
  • ブラック
  • プロダクトレッド

の6色展開です。発表の動画ではiPhone11XRの後継機かと思いましたが、これがiPhone11でした。今回はiPhoneXRや過去のiPhone5Cのような廉価版は発表されておらず、プロセッサも全モデルが最新のチップ(プロセッサ)『A13Bionic』が採用されてます。

『A13Bionic』は1秒に1兆回の処理演算を行うことができコアプロセスルールは7nmで最新RYZENと同じ規格です。85億個のトランジスタを搭載した超超パワフルなプロセッサです。

前期種よりも高速なfaceIDを搭載。

ディスプレイ

6.1インチLiquid Retina HDディスプレイを搭載しています。ピクセル数は1,792 x 828で326ppi。コントラスト比は1,400:1です。

防水機能

気になる防水性能はIEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)です。

スピーカー

イベントではデバイス全体が音盤になるような構造を設計してあり、今までとは違った音楽をiPhone単体で体感できるように進化した模様です。これは聞いてみるまで分かりませんが、かなりの期待ですね!

カメラ

カメラは2機搭載で

  • 超広角:ƒ/2.4絞り値(12MPウルトラワイドカメラ)
  • 広角:ƒ/1.8絞り値(12MPワイドカメラ)

といった構成で、今までの機能

  • ポートレート、
  • 次世代のスマートHDR
  • より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ、
  • 2倍の光学ズームアウト、
  • 最大5倍のデジタルズーム、
  • ナイトモード

また被写体と背景の光量のバランスを別で調節できる最新のHDRで光量を変えられる機能が付いている。超広角と広角をワンタップで切り替え可能な新システムも搭載。

従来のポートレートモードは人物だけではなくペットにも対応。人が写っていなくてもポートレート可能。

背景を抜くことができる機能も進化。

超高性能なナイトモード撮影が可能。

これはロングシャッター(シャッタースピードが遅め)ではあるものの手振れ補正機能を使うことができ、手持ちでも撮影が可能という驚きの機能。上の画像は2枚比較になってます。

動画

動画面は以下のスペックです。

  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオ

またクイックビデオ機能が新規追加されます。

写真モードで撮影ボタン長押しで今までは連射モードでしたが動画を撮影できるようになりました。インスタグラムのストーリー感覚で瞬時に動画撮影ができるようになりました。

動画撮影中にもONEタップでワイド、ウルトラワイド間で瞬時に切り替えが可能。

その他の細かい追加(進化)要素は

  • フラッシュが36%明るさアップ
  • インカメラでも4k‐60fpsの動画撮影が可能
  • スローモーションセルフィ―(スローフィー)機能搭載

バッテリー

バッテリーライフはiPhoneXR比較でiPhone11は1時間長い

価格

iPhone11は$699~(2019年9月10日換算で75,167.31 )

容量

容量は以下の3種です。

  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB
スポンサーリンク

iPhone11PRO

お次はiPhone11PROです。イベントでは『初めて『PRO』の称号を手にしたiPhoneです』と自信満々に発表されていました。最高です!

『iPhone11PRO』と『iPhone11PRO MAX』の2機種のラインナップが発表されました。

ディスプレイ

iPhone11PROiPhone11PRO MAX
5.8インチSuper Retina XDRディスプレイ6.5インチSuper Retina XDRディスプレイ
2436×1125ピクセル2688×1242ピクセル
458ppi458ppi
どちらもコントラスト比は2,000,000(200万):1

トリプルカメラ搭載

カメラは3つとも12MPで

  • 超広角:ƒ/2.4絞り値
  • 広角:ƒ/1.8絞り値
  • 望遠:ƒ/2.0絞り値

とiPhone11に望遠レンズが追加されたレンズ構成となっています。

ワイドカメラ撮影

この水しぶきの写真では『ここまで水しぶきがくっきり撮れるのは、iPhone11のカメラのシャッタースピードをここまで速くできるから』という解説が入ってました。

ウルトラワイドカメラ撮影

望遠カメラ撮影

ディープフュージョン機能

1シャッターでいろんな写真を撮って合成することで、高精細な写真が撮影できる

動画

プレゼン内では『proビデオ』と呼ばれており、その通りインパクト抜群な内容でした。

  • 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大6倍のデジタルズーム
  • 1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応

スペックはこんな感じ。

動画撮影中でもワンタップでカメラを切り替えることが可能。

順に『望遠:ƒ/2.0絞り値』『広角:ƒ/1.8絞り値』『超広角:ƒ/2.4絞り値』

 

また、今年の下旬にリリースされる『フィルミックpro』というアプリでは背面トリプルカメラ&フロントカメラで4レンズ同時録画が可能ということでした。これは皆さん口をそろえて『ヤバい』

また色温度や露出などの調節がiPhoneデフォルトで可能ということです。

カラーバリエーション

  • ミッドナイトグリーン
  • スペースグレー
  • ゴールド
  • シルバー

以上4色展開となりました。個人的にはミッドナイトグリーンがめちゃくちゃ気になります。

チップ

チップ(プロセッサ)は『A13Bionic』(iPhone11と同じ)

バッテリー

iPhone11proMaxはiPhoneXSMaxよりも5時間長いバッテリー稼働時間に進化

proシリーズには急速充電対応の充電器がはじめからついてくるという良心設定!コネクタは何もアナウンスがなかったので引きつづきライトニングだと思います。

価格

各々の価格はPROが$999~、PRO MAXが$1099~という料金設定でした。

容量

保存容量はiPhone11proMax、iPhone11pro共に

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB

というラインナップでした。

ガジェット スマホ
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze|デジゲイズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました