ガジェコロについてレビュー&広告掲載

ブログ更新を3ヶ月間休むとどうなるの?ブロガーの休息は可能?#

サイト運営
この記事は約7分で読めます。

当サイト『ガジェコロ(旧名:DigiGaze)』はガジェット関連やパソコン関連、ブログ、WEBサイト運営という内容で運営しているブログです。

記事更新自体は毎日更新とかでもなく、月に10記事前後の記事を投稿している意識低めのブログサイトです。

ところがどっこい、

上田
上田

ここ最近更新をほとんどしていませんでした。

本業(WEB制作)が忙しかったというのもありますが、ブログに対するモチベーションが低かったことも原因です。

時間がなくても隙間時間で記事執筆はできますが、それすらも怠っていました。笑

これからはまた2~3日で1記事くらいの記事更新ができるように頑張ります(*^_^*)

スポンサーリンク

3ヶ月もブログ更新を怠るとアクセスとかどうなの?

これ気になっている方多いかもしれません。

この記事の本題ですが、

3ヶ月も記事更新を怠ったブログは
どうなってしまうのでしょうか?

ブロガー界隈では

  • 毎日投稿するなんて当たり前!
  • 適度な頻度で更新しないとGoogleから嫌われるぞ!

みたいな感じで『更新頻度=命』みたいな風潮がありがちですが、実際はどうなのでしょう?

身をもって体験したので、今回はそんな感じのお話です。

ガジェコロ2020年の更新記事数

ガジェコロは通常であれば月に10前後の記事更新となっています。

以下がここ最近の月ごとの記事本数です。

2019年10月10記事
2019年11月11記事
2019年12月12記事
2020年1月4記事
2020年1月2月1記事
2020年1月3月2記事
2020年1月4月前半2記事

年明けから見事に失速していますね。笑

それも2020年に投稿した記事はあまり力の入っていない趣味記事となっており、収益化はおろかアクセスもほとんどありません。

気になる変化
  • アクセス数
  • キーワードの順位
  • 検索パフォーマンス
  • 平均掲載順位

この辺ですね。

体感ですが、力の入った記事は2020年には1本くらいしか書いていないはず。

2019年の記事を完全放置でブログ運営をした2020年4月後半の結果です。

アクセス数

ガジェコロの2019年10月~2020年4月15日までのアクセス推移です。

2019年10月10,878pv (10記事)
2019年11月82,740pv (11記事)
2019年12月37,984pv (12記事)
2020年1月42,928pv (4記事)
2020年2月32,702pv (1記事)
2020年3月33,286pv (2記事)
2020年4月前半19,670pv (2記事)

4月は15日時点の統計なので、このまま順調に進んだら月間40,000pv前後でしょうね。

PV数に関しての結論ですが、

上田
上田

ブログを3ヶ月間お休みしても大きなダメージは無いです。

あくまで僕のブログの話ですが、大半のブログでも同じような感じになるのではないでしょうか?

この記事の冒頭でもお話ししたように当ブログの内容は

  • ガジェット関連
  • パソコン関連
  • ブログ・WEBサイト運営

という内容で、風化しにくい記事を作っています。この記事でも言える事かもしれませんね。

『ブログがここまで成長したのに休んで大丈夫かな…』

という人は、いつなんどきでもいると思います。

ツイッターで僕が拡散した瞬間に見てくれる人がいれば、2025年でもどこかから見てくれる人はいるかもしれません。

キーワードの順位

続いてはキーワードの順位です。

ブロガーは狙った検索ワードで自分の記事を検索上位にあげることに命を懸けています。

今回はキーワードを細かく出すことはしませんが、Ubersuggestで何個のキーワードが何位から何位という形で公表します。

グラフはこんな感じです。全体的に更新をやめた時期(1月)から下がっているように見えますね。

1位~3位4位~10位11位~50位51位~100位
10月1866549491
11月2383606501
12月4684877705
1月5190757704
2月4696617635
3月5481575625

まだ4月分は上がっておらず、集計結果はこのようになりました。

グラフではキーワード数は減っているように見えましたが、実際に数値化してみて安心しました。

1位~10位までのキーワードが全く減っていませんでした。

皆さんもネット検索で調べものをした経験があるかと思いますが、1ページに表示される記事数は10記事分。という事はキーワードランキングでも10位以内が超重要なわけです。

1位~3位4位~10位11位~50位51位~100位
10月1866549491
11月2383606501
12月4684877705
1月5190757704
2月4696617635
3月5481575625

つまり、赤色部分が最も重要青色部分は全部ゼロになったとしてもブログの検索流入はほとんど変わらないわけです。

完全に現状維持でした。

検索パフォーマンス

次は検索パフォーマンスです。

サーチコンソールでブログの検索数や表示回数を調べます。

月単位での集計が困難だったので、グラフでお伝えしします。

サーチコンソールのスクショです。

  • 青色・・・日別クリック回数
  • 紫色・・・日別表示回数

結論ですが、更新をストップしてからの変化はありません。

更新をやめてから現在までの期間で、中だるみの時期みたい中央でへこんでいるのでいます。

しかし、表示回数が上がり気味で、クリック回数も少しだけ上がっています。原因は分かりませんが、ここも3ヶ月休養の影響は受けていないようです。

平均掲載順位

最後に平均掲載順位です。これもサーチコンソールのグラフです。

このブログの平均掲載順位は全体で16.3位という結果でした。
(2019年10月~2020年4月15日)

これは少しへこんだ時期があるみたいですが、すぐに戻っています。

なんでここまできれいに戻ったのか?Googleのエラーか何かなんでしょうか?

なぜかは分かりませんが、ここにもお休みの影響は出ていません。

スポンサーリンク

結論:ブロガーは休んでも問題なし!

これは僕の意見ですので、ブログをお休みして悪影響が出ても責任はとれませんが、

上田
上田

ブロガーは3ヶ月休んでもOK

という結果になりました。(*^_^*)

  • アクセス数
  • キーワードの順位
  • 検索パフォーマンス
  • 平均掲載順位

どの面から見てもダメージはなかったです。

更新が少ないサイトはGoogleの評価が下がるという噂は本当ではないかもしれませんね。

ただ、トレンドブログ(ドラマ・芸能・ファッション系)毎日更新を公言しているようなブログは3ヶ月も休んだらアクセスはなくなってしまうと思います。そこだけは注意です。

コンスタントにブログ投稿できることは素晴らしいのですが、無理にブログを書くとブログを好きではいられなくなってしまいます。

僕が過去に書いた記事ですが、

»読まれるブログの毎日更新は正解なのか?アクセスアップする更新頻度は○○が正解だった。

という記事でも更新頻度について触れていますが、あながち間違いではなかったようです。特にブログ初心者の方にとっては今後に生きる内容なのではないかと思います。

読まれるブログの毎日更新は正解なのか?アクセスアップする更新頻度は○○が正解だった。
皆さんブログ書いてらっしゃいますでしょうか? この記事にたどり着いた人は【ブログを読む側+ブログを書く側】という立場の人がほとんどだと思います。 ブログでもYouTubeでも、アクセスを伸ばすには『毎日更新』が必須!といわれるこ...

好きな時間に好きなことを書けるブログが一番いいはず。

皆さんも適度なブログ更新をして、楽しんでいきましょう(*^_^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました