DigiGazeについて広告掲載について

【日本ってヤバい】若者を選挙に行かせるのは実質不可能な話。日本の政治はもう巻き返し不可能かも。

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

日本の選挙は義務ではないですが、行くことを推奨されている。

でも『若者が選挙に行かなければ!』みたいな風潮がいまだに出来上がらないのはなんでなんですかね?

スポンサーリンク

若者が全員選挙に行くとどうなる?

まず、若者を含め日本の全員が選挙に行く(すなわち、投票率が100%だった)場合、日本の政治はどのように変化するのでしょうか?僕も選挙には関心があるほうではありませんが、気になったのでググってみました。

その前に予備知識として現在の投票率についてちょっと知っておきましょう。

平成29年の『衆議院総選挙における年代別投票率』が総務省HPにて公開されていました。

  • 10代・・・・40.49%
  • 20代・・・・33.85%
  • 30代・・・・44.75%
  • 40代・・・・53.52%
  • 50代・・・・63.32%
  • 60代・・・・72.04%
  • 70代以上・・60.94%
  • 全体・・・・53.68%

全体的な投票率は53.68%です。意外だったのが『全体的に投票率が低いなぁ』ってとこです。10代は18歳からの選挙権が認められたので話題になって投票率が高いことが分かります。(それでも40%ですが…)

20代が投票しないのは当たり前といったら当たり前なのですが、一番投票率の高い70代でも30%くらいの人が投票してないみたいですね。

どの年代も人のことは言えないのが日本の現状です。

ちょっと話がそれましたが、若者が全員選挙に行くとどうなる?という今回の話の核の部分に触れていきます。

たきれい(@takirei2)さんの作品でわかりやすい物があったので使わせていただきます。

Twitter:@takirei2

めっちゃわかりやすく2ページに凝縮されていますね。素晴らしいです。

若い世代が100%投票すれば日本の政治を確実に動かすことはできるという事が分かります。

若者に限らず、未投票だった票をすべて獲得できれば選挙当選は確実!というのが日本の現実です。(諸外国と比較すると結構この時点で政治が終わってます。)

ではなぜ、若者を中心に投票をしない人が多いんじゃ。

考えるまでもないのかもしれませんがね。

投票したときのご褒美がない

『選挙に行ったから1,000円あげるー!』

こんなご褒美がある選挙だったら投票率は80%くらいまでは伸びると思います。ご褒美でも1,000円くらいでは投票するのがめんどくさい人は行かないかな?というレベル。

また、投票場所から離れて暮らしている人は交通費以下のご褒美ではいきませんよね。

第一に今の日本にそんな財力はないので、夢物語です。

投票しなかったときの罰則がない

日本の選挙制度では投票しなかったときの罰則がありません。

実際に義務投票制度罰則適用が導入されている国もあります。

オーストラリアでは投票を怠ると罰金入獄が科されます。もはや犯罪ですね。故にオーストラリアの投票率は93.23%となっています。

日本でこの制度が導入することはできないものかと考えてみましたが結構無理に近いです。特に若者には。

政治への興味よりも罰則によって制限される苛立ちが勝ってしまうので、政治への反発が高まってしまいます。特に若者はSNSでの連携が強いので、選挙罰則化のツイートがバズってしまい政府は太刀打ちできません。

同年代があんまりいない

これもまた問題の一つ。政界に20代はほとんどいません。

備えていなければならない条件
衆議院議員日本国民で満25歳以上であること。
参議院議員日本国民で満30歳以上であること。
都道府県知事日本国民で満30歳以上であること。
都道府県議会議員日本国民で満25歳以上であること。
その都道府県議会議員の選挙権を持っていること。
市区町村長日本国民で満25歳以上であること。
市区町村議会議員日本国民で満25歳以上であること。
その市区町村議会議員の選挙権を持っていること。

総務省

日本の被選挙権25歳以上という制限ですが、実際の立候補者を見てみるとおじさんおばさんばかり。

おじさんばかりという想像ではなく実際に2019年の衆議院選のデータが出ていました。

JIJI.com

個人的な意見ですが、僕の想像よりもはるかに年齢層は上でした。これではおじさんにやさしい政治しか生まれませんね。

『じゃあ若者も立候補すればいいじゃないか』とお思いでしょう?

そんなに簡単ではないんです。日本のお偉いさんの考えは『昔はこうだったんだから従え>新たな思想・実力主義』

頭の固い頑固オヤジは年功序列が基本原則。若者の主張を聞こうとする人はごく一部なんです。若者が立候補したところで恥さらしで終わる結果が見えているので誰も出馬を考えようとはしません。

この政治の負のループを作ったのはカチンコチン頑固オヤジなので、ピンチになってから若者の手を借りたくても、もう手遅れ状態です。

今の日本の政治が結構オワコン&不祥事が多い

日本の政治の信頼度は世界で統計を取っている国(40ヵ国)の中でワースト4位です。

『日本の政治が正しいと感じますか?』という問いに『はい』と答えた日本人は、わずか8.7。まさかの1割を切っています。桁を間違えているのでは?と思い何度も見返しましたが、8.7%でした。

その原因も過去の政治スキャンダルや不正が多すぎることも原因の一つ。

  • 議員が議会中に居眠り
  • 議員と弁護士の不倫
  • 記憶に残る号泣会見
  • SNSでの過激発言
  • 毎回必ずある選挙の贈答品
  • ガン患者は働かなくていい
  • 閣僚の不祥事連発→連続辞職

どれも個人名は出していませんが、ピンとくるものがあると思います。これではちょっと問題どうこうよりも政治に対する興味が無くなってしまいます。

もちろん全員が不祥事を起こしているわけではなく、一部の話です。

しかし、不祥事は目立ちます。少なくとも回復に5年はかかると同時に1人の不祥事で100人くらいのまじめな政治家の努力が吹き飛びます。

イメージって恐いですね。

スポンサーリンク

結論:今のままでは若者の政治離れは止まりません。

本格的に若者を取り入れる活動を行わない限り、日本の政治を含め国民の生活が良くなっていくことはないと思います。若者が投票することもなければ立候補することもありません。

U35(35歳以下)の政党とか作ってもいいかもしれませんね。でもそこには50代以上の人はなかなか投票しないかもしれません。かなり難しい問題になってしまっています。

小さな問題でも積み重なれば取り返しのつかない問題に発展してしまいます。小さな問題でも早期解決が大事なんですね。

日本の政治経済を完全に信頼していないわけではありませんが、心配すぎるのは事実です。

日本に身を任せるだけでは生きてはいけない時代がもう近いので、ブログを書きつつマネタイズして、そのうち海外に逃げます。

PS:僕は選挙にはいきますよ(‘◇’)ゞ

ライフスタイル 生き方
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze|デジゲイズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました