ガジェコロについてレビュー&広告掲載

【拡散詐欺手口】ネットバンクの残高は“PC上”で書きかえ可能なんです。騙されないで!

賢い生き方
この記事は約4分で読めます。

まずは、僕のペイパル残高をご覧ください。

僕の総資産ですが、実は100億円を軽く超えているんです。

僕が先日したツイートも合わせてご覧ください。

嘘です。ネットでたたかれるのは嫌なので、早めに白状しておきます。

ネットページで表示できる『残高』は書き換えが可能なんです。

スポンサーリンク

実際にPayPal残高を書き換えてみる。

誰でも残高を書き換えることができるので、悪用は厳禁です。

まずはブラウザで表示できる“残高”を確認できるサイトへアクセスしてください。

今回は僕のPayPalで実践します。

こないだアカウントを開設したばかりなので残高は0円です。このページを書き換えていきます。

使用するブラウザーはGoogle chromeです。chrome上で書き換えたいページを表示した状態でキーボード上の『F12キー』をクリックします。

するとこのような難しい画面が右サイドに表示されるかと思います。

これは『開発者ツール』と呼ばれるもので、WEB開発者がWEBサイトの仕様や動作を確認するためのツールです。(一般利用で必要になることはまずありません。)

開発者ツールのこの部分(↑矢印)をクリックしてください。

すると左側のWEBページ部分が選択できるようになるので、書き換えたい部分をクリックします。

左の『¥0』という部分をクリックすると右側にそれに対応したソースコードが表示されました。

拡大します。

<span class=”ppvx_text–xl4 cw_tile-currency test_balance-tile-currency”>¥0</span>

このように表示されています。このコードはダブルクリックで選択後、書き換えることが可能です。

今回は『¥16,794,758,903(167億6745万8,903円)』に改編しました。

僕ってこんなにお金持ちだったんですね。今回は100億円くらいにしておいてやりましょう。

左側のページはこのようになっています。

上田
上田

wwwww

この数字を確定後、『F12キー』でページをもとに戻しておきます。

すると…

まあこうなりますよね。もうわかってました。笑

皆さんもすでにお気づきかとは思いますが、ここに表示されているお金では何も買うことはできません。もちろんブラウザを閉じてしまえば僕のお金持ち人生はそこで終了します。

ページを書き換えただけなのですから。

数字だけではなく、こんなことも可能です。PayPal残高を落としました。

この表示を書き換えただけでは何の違法性もありませんし、実際に口座内の金額が書き換わることもありません。ここまでなら皆さんも真似してOKです。

これで騙される人はいるの?

僕たちのようにネットやSNSに精通している人たちが騙されることはありませんが、こんなことができる仕組みを知らない人はほぼ確実に騙されます。

こういった画像をちらつかせて抽選するという手のSNS投稿は蔓延していますので、絶対に騙されないようにしましょう。

最悪何万円もする商材を売りつけられます。

スポンサーリンク

この手法で何ができるの?

実際使えるわけでもないお金です。表示だけ変更することで何ができるのでしょうか?

答えはズバリ『詐欺』です。

Twitter上で

『僕の総資産は100億円を超えています。このアカウントをフォローしてくれた方全員に100万円づつ配布します。』

こういうツイートは残高を書き換えてSNSに投稿しているものが100%だと思っていただいて構いません。唯一信用できるのは元ZOZOの前澤社長くらいだと思います。著名人でもない限り拡散は控えたほうがいいかもしれません。

詐欺目的のアカウントはフォロワーや見てくれる人を増やして、後にアフィリエイト商材などを売りつけることを目的としています。もちろんお金を配ることはありませんが、『本当にもらえました!』などといった自作自演のアカウントまで用意しています。

誰も不幸にしていないように見えますが、詐欺なので前科が付く行動です。

当然このような行為をするのは厳禁。現金配布などの投稿を見かけても拡散しないように注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました