PCの格安販売所を公開しています!

今現在パソコンをお探しの方に朗報です!
当サイトの筆者がPCを1万円~という価格で購入できるショップを厳選しました!

»1万円で買えるPCを見る!«
DigiGazeについてレビュー&広告掲載

中古品が嫌いな人は人生損している可能性あり!ジャンク品でも修理すればいいのだよ!

賢い生き方
この記事は約10分で読めます。

皆さんは中古品に対して肯定派?否定派?

僕は中古品をよく買っているのですが完全に肯定派です。ほしい物があったらまず中古品で探すという事が癖づいています。店舗だったらハードオフとか、近所のリサイクルショップとかですね。

最近はオンラインのメルカリヤフオクなんかも活用しています。

もちろん中古品を購入し後悔したこともあります。安物買いの銭失いとなるケースも極まれにあるのですが、そんな経験をしてでも中古品をを買い続ける僕の心理をお話ししようと思います。

新品しか買わない!という方も是非この記事を読んでみてください!

スポンサーリンク

デメリット

まずはデメリットから。

いくら中古品がいいと言ってもデメリットはつきものです。失敗することも多く経験しましたが、失敗を次に生かすことができるようになってきます。以下のデメリットを理解して失敗を繰り返さないようにできる人はお買い物上手の素質アリ!

基本的に誰が使ったものなのかが分からない

中古品は基本的に前に誰が使用したのかはわかりません。

中古品を扱う店舗やフリアマプリ等で販売されているものは誰が使ったものかわかりません。潔癖症の方は特に重要な部分となってくるのかもしれません。

自分の兄弟、親戚、親などから譲ってもらったものもジャンルとしては中古品ですが、中古品購入はちょっと話が変わってきます。

あくまで中古品として販売されているものは『商品』ですので、クリーニングされているものが多いです。それでも信用できない場合は購入は諦めましょう。

また、お店によっても

  • クリーニングを徹底するお店
  • 買取後、そのまま商品棚に置くお店

など様々ですので見極めが必要です。

個人が自由に出品、販売が可能なフリマアプリオークションサイトに関しては、クリーニングされていないを前提として考えたほうがいいかもしれません。

汚い(クリーニング不可)ものもある

中にはクリーニングができないもの、クリーニングされていても汚れなどが残ってしまうものもあります。衣類系はクリーニングで汚れ、匂いは取れてしまいますが、カバンとなると隙間の汚れ、埃などは取り除けません。また、丸洗いができないものは同様に汚れ残りの可能性があります。

ここは手に取って細部まで確認することや、多少の諦めが必要な部分もあります。

故障品に当たるかも

中古品の製品保証はない場合が多いです。大手リサイクルショップでは2週間保証や3ヶ月保証といった独自の保証方法がある店舗もありますが、基本的に中古品保証が無く高価なものは購入を控えたほうがいいかもしれません。

僕がよく購入する電子機器に関しては特に注意が必要です。

最も厄介なのが『購入直後に故障が発覚した故障品』です。

製品保証がない場合、動作確認済みであってもすぐに壊れてしまうことや家に帰って確認したら壊れていた( ;∀;)ということも珍しくはありません。自分で治すことができなければ、保証なしの有償修理か破棄という二択となってしまいます。

絶対買わないほうがいいものも

僕は全てのものを安く抑えたい人なので『できるだけ中古品を!』という考えなんですが

『これは絶対に中古品では買わない』

と決めているものがあります。人それぞれかとは思いますが参考程度にどうぞ。

靴(くつ)

衣類は古着を選ぶことが多いですが靴だけは中古購入はしません。

誰がどのように履いたものか全くわかりませんし、匂い、汚れなどはほとんど落とせません。

中古の靴からの感染症の例もあるようなので、衣類の中でも靴だけは中古品を避けるべきでしょう。中古の靴を買って水虫なんかに感染したらほんとに最悪です。

ゴム製のサンダルなどは外見が綺麗であれば購入することもありますが、極めて稀です。

新品価格に近いパソコン、カメラ、スマホ

『1ヶ月前に発売されたカメラがもうこんなところで売っている!』

新品価格で29,800円。中古価格で24,800円。特に使用感、傷もなく新品未使用に近い。

このような状態で販売されていれば僕は迷わず買いません。

ブームの商品が早速中古

なにか訳ありなのかもしれない。

と直感的に考えてしまうことが第一です。

最近発売されたものであれば新品でフル保証で購入するのが最善です。新製品かつ高価なもがすぐに故障してしまって泣き寝入りは悲しいですからね。

ハイブランド品

高価なもので身につけていること自体がステータス。中古品ではブランド品を購入するのは本末転倒な気がしてなりません。

見栄を張りたい気持ちもわかりますが、ボロボロのエルメスの財布を持っていたところで誰が得をするんですかね?僕にはよくわかりません。

そもそもブランド品って買わないんですが、本当にそのブランドが好きなのであれば新品で購入するのが一番だと思います。

また、そのハイブランド品が自分の収入に見合ってないのであれば見栄を張って中古品に手を出す必要もないのかな?と思います。収入が月30万円なのに持っている財布は新品価格で150万円。

『でも実は中古品で15万円で購入したんだー!』みたいな感じでオンボロ財布を自慢げに使っている友人を見たときには少し引きました。笑

スポンサーリンク

メリット

メリットにたどり着くまでに少し長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

メリットの方が多いので僕は中古品購入を選び続けます。

圧倒的に安い

なんと言ってもここでしょう。

『ユーズドは安い』これにつきます。

新品では手が出なかったものが半値ほどの値段で売られていればうれしいですよね。僕ならば自分の納得のいく使用感、傷程度であれば即購入です。

もちろん今までに紹介したデメリットに当てはまっていない場合に限りますが。笑

衣類、型落ち品、レトログッズなどで欲しいものを探すときにはまず中古から探す事をおススメします。型落ち品に関しては新品未使用でも在庫あまりなどで安く提供されている場合が多い印象です。

大型の家具なども運びにくいことや店舗の場所を取ってしまうという点で安く販売されていることが多いです。引っ越しシーズンなども売り買いどちらも慣れておくとスムーズにお安く引っ越しができるかもしれませんね。

引っ越しに関しては、

  • 今までの家具を全て売る
  • 手ぶらで引っ越し
  • 現地で全て購入

という引っ越しスタイルが意外と節約になったりします。

引っ越しシーズンの引っ越し屋の相場は15〜30万円。これだけあったらかなり家具を購入できますね。特に収納関連は運ぶよりも新たに購入するほうが圧倒的に安いです。

一方、引っ越しをするにあたっての新品購入を控えた方がいい家具もあります。冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジなどは中古品でも高価です。

値段が安いものは汚いものが多いので極力購入は控えましょう。

中古品がいいものも

当てはまるものは少ないかもしれませんが中古品の方がいいものも存在します。

僕だけの感性かもしれないですけど、一応紹介しておきます。

乱雑に扱うことが想定されているもの

乱雑に扱ってしまうであろう物。傷などが多くても全く問題のないものなどは中古品での購入をおススメします。

例えばDIY(日曜大工)で使用するハンマー、ノコギリ、ペンチの工具類など。

これらはどれもホームセンターでは1000円前後しますが、中古品であれば100円以下で買える場合もあります。ボロボロでも、ボロボロになることが想定される使い方のものであれば心置きなくガシガシ使えます。

革製品

個人的には革製品(小物入れ、財布等)は中古品で購入することが多いですね。

僕自身、革製品は好きということもあり、使えば使うほど味が出るものが中古で買えるのはめっちゃうれしいです。

革製品の傷みは基本的に『傷物』として破格で販売されていることは多いのですが、革製品大好きな僕からしたら味が出ている骨董品って感じでとらえています。

別記事で革製品の中古購入は味があって良いと言う記事を出しています。合わせて読んでみてください!

≫【廃盤モデル革財布】日本製メーカーCREED(クリード)。革製品にハマる。

中古の方がいいと言うケースは珍しいですが、自分なりに研究してみて、「ボロボロ格安でも問題ない!」というものもさがしてみてください。

かなり王道のジャンルですが、僕はWEB関連の知識は本から仕入れることが多いです。

中古で本を購入する場合、雑誌などのトレンドものを購入することはおススメできませんが、情報の風化しない参考書(僕の場合はブログ関連やプログラミング言語のもの)などは中古のものを半額以下で一気に大量購入するようにしています。

本は基本的に売ってもお金にならないことがおおいので、読み終わったらほとんどを譲ったりして処分しています。

どうせいらなくなるものなので格安で購入するのがおすすめです。

ちょっと余談です。

インプットした本の内容をブログを書くという手段はとても有効です。

文面をそのままコピーしてはいけませんが、学んだ情報を自分の言葉に直してブログで再ど発信する分には著作権違反にはなりません。文章を書き慣れていなかったりネタに困ったりする初心者ブロガーにはおススメの方法なので試してみてください。

物の価値がわかる(メインかも)

新品ばかり購入しているときは正直言って物の価値が全くわかりません。僕が過去に購入した物を売ってみたときの体験を例に出してみます。

品名購入価格売却価格還元率
Tシャツ3900円200円5.1%
任天堂3DS16800円12000円71.4%
中古パソコン30580円26000円85.0%
キーケース29800円2000円6.7%
ゲームボーイ540円3500円648.1%

表を見ていただければお分かりかもしれませんが、物の資産的価値がパッとみてわかるかと思います。

この表の中のもので言うなら、約3万円という同じ金額のお金を出すのであれば、キーケース買うよりもパソコンを買っておくと資産的価値は12倍ほど変化するという結果となりました。

物の価値は値段が全てではありませんが、中古品の売り買いを積み重ねていくと新品価格で同じ10000円でも売却時には100円だったり5000円だったり15000円になることもあるんです。

ゲームボーイは540円で中古販売されていましたが、レアな型番だったので購入→別店舗で売却してみたところプレミアで3500円という値がついたことがあります。

この見極めが転売の始まりでもあります。

物の価値というものも知っておいて損のない情報ですよね。

故障品の知恵がつく

故障品をつかまされてしまったら最悪です。

とデメリットで話しましたが、僕の場合そうでもありません。

購入するのは機械関係、ゲーム機関係、家具関係が多いのですが、どれも故障した時に自分で治すと言う解決策があります。

どうしても治らない場合(水没など)は仕方のないことですが、大抵の場合はある程度治すことができます。治せなかったとしても部品取りなどとして活用することは可能です。

こうして故障品を治せるようになったら『あえて故障したものを格安で買う』みたいなこともできるようになります。いわゆる【ジャンク品】購入です。

ジャンク品とは

壊れている、もしくは壊れている可能性があります。普通に使えるかもしれませんが、完全にお客様の責任で購入してください。こちらは一切の責任を負いません。

100%保証もありません。返品返金不可!

という意味合いで販売されている商品のことです。
そのかわりめちゃくちゃ安いです。あえてこういったもの購入してみて修理できた時には気分がいいですよ。

直した記事、ジャンク品購入の記事はこちら。

≫Canonコンデジ【PowerShot SX510 HS】中古購入の奮闘記。レンズ口径不明。バッテリーなし。
≫任天堂3DS ゲームカードスロットを修理してみた。

スポンサーリンク

僕は胸を張ってUSEDをおススメします。

中古品購入にはデメリットも存在しますが、慣れてしまえばメリットづくしの賢い選択となります。このブログの出演者たちも半分以上が中古品ではないかと思います。

今ブログを書いているパソコンも中古、マウスも中古 イスも中古、モニターも中古、机は新品、マウスパッドは新品。

そう考えてみると僕の周りは中古品だらけです。

安かろう良かろうもん探しをお勧めします!

何よりエコだよね( `ー´)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました