ガジェコロについてレビュー&広告掲載

ブログで【売れる!】レビュー記事の書き方7選!【依頼GETの手法も伝授】

5.0
アフィリエイト
この記事は約19分で読めます。

アフィリエイトやAmazon販売で成果が出ない?

上田
上田

そんな人でも大丈夫!

今回はアフィリエイト案件の記事を書いても成約に結びつかない方や、レビュー記事を書いても検索上位に食い込めないという方に向けて書いた記事となっています。

  • ブログを始めたばかりで書き方が分からない
  • レビューを書いてもほとんど読まれない
  • 自分のレビューの『型』が決まっていない

 

上田
上田

こんな悩みを持っているブロガーさんは必見です。

本記事の信頼性
  • 当サイトのAmazon販売は月間50万円ほど。
  • Amazon、楽天市場、パソコンメーカーのアフィリエイト案件で成果を多く出しており、当サイトのレビュー記事の7割ほどが

『商品名+レビュー』

というワードでトップ10入りしています。

 

✔それでは解説していきます。

 

スポンサーリンク

レビュー記事を書く前に必ず準備をすること

上田
上田

レビューの準備?なにそれ?

レビュー記事を書く前に『レビュー記事の下準備』をするように癖づけてください。

具体的に解説します。

レビュー前の下準備
  1. レビュー対象を決定する (商品・サービスなど)
  2. レビュー対象を購入or契約する
  3. 最低2週間使い込む
  4. 記事内キーワードの設定 (後述)
  5. ライバルブロガーのチェック
  6. 記事構成(2h/3h見出し)の骨組みを決定

 

上記の1~6を必ず実践してください。

 

皆さんが絶対するであろう項目を黒色。
たぶんほとんどやっていないであろう項目をオレンジ色にしました。

当たり前ですが、黒色のみでは勝てません。

答えは簡単です。みんな必ずやっているから。

 

商品の決定・購入

ここは特段話すこともないかと思います。

上田
上田

レビューしたい商品やサービスを購入するのみ。

最低2週間使い込む

早速ですが、この段階からできていない人が多いですね。

上田
上田

レビューする商品は最低2週間、使い倒してください。笑

 

届いて当日にレビューしたことも何度かありますが、そんなレビューでは上位表示は不可能でした。

そこで、とことん商品を使い込んでのレビューを実践したところ、想像以上に深い記事を書くことができるようになりました。

検索上位を取れているレビュー記事を量産している人であれば当日レビューでもいけます。

でも、ブログ初心者の方やレビュー記事を書いた経験がほとんどない方にとっては本当に難しい。

上田
上田

しっかり使い込んでレビューするようにしてください。

 

例外として購入直後にレビューできるもの

  • モバイルバッテリーや充電器のように使い方が単純な物
  • iPhoneなどを発売日にレビューするなどの『トレンドレビュー』
  • そもそも使うというよりも飾るというもの
    (ぬいぐるみ、置物、インテリアなど)

こういったジャンルは短期間でのレビュー記事を出しても大丈夫

その代わり、気が付いたことがあるたびにリライトで記事に補足を追加してください。

 

記事内キーワードの設定  (後述)

キーワード設定は大切ですが、大切すぎるので簡単に説明できません。

この記事内のもう少し下の『キーワード設定は超大事』という項目と、当サイト内別記事»検索順位やSEOを意識した有利な記事タイトルの決め方や例を紹介します

にて詳しく解説しています。

ひとまずここはスキップ!(同じリンクをもう1ヵ所に貼っています。)

ライバルブロガーのチェック

ここ重要です。最も重要かつ簡単なので、全員実践強制です。笑

  1. レビュー対象を決定する  (商品・サービスなど)
  2. レビュー対象を購入or契約する
  3. 最低2週間使い込む
  4. 記事内キーワードの設定  ←ここまで決まってる!
  5. ライバルブロガーのチェック
  6. 記事構成(2h/3h見出し)の骨組みを決定

ここまでの過程で4.記事内キーワードの設定までが終わっています。

 

今回は例としてウォーターサーバーをレビューすることを決定。

ウォーターサーバー安い

というキーワードを狙います。

 

『ウォーターサーバーを安く探している人』『ウォーターサーバーって実際安いの?』と疑問に思っている人をターゲットにします。

 

ライバルブロガーのチェック方法は簡単です。

実際に決定したキーワードで検索をかけましょう。

ウォーターサーバー 安い
検索

このキーワードで検索し、上位表示された記事が今回のライバル記事&ブロガーです。

 

検索結果はこのようになりました。

上田
上田

さすがに強すぎるキーワードなので、上位は広告ですね。

 

この広告(赤四角)の記事はSEOでの上位表示ではないので、今回のライバル対象ではありません。

さらに下向きにスクロールします。

『広告』との記載がない記事が今回のライバル記事です。公式ページであってもライバルです。

上田
上田

記事構成、デザイン、文章力、サイト規模などのすべての点で勝負することになります。

勝算がありそうであれば記事を書き始めましょう。

今回選んだキーワードである『ウォーターサーバー』ですが、ワード的に強豪が多すぎます。

絶対に勝てないと判断したらレビューをあきらめることも選択としては間違っていません。

記事構成(2h/3h見出し)の骨組みを決定

準備段階の最後です。

記事を書く内容が決定したら、記事構成(2h / 3h 見出し)の骨組みを決定しましょう。

この記事で言うならば冒頭の目次部分です。

僕は記事を書きだす前からすべての見出しを決めています。

  1. レビュー記事を書く前に必ず準備をすること
    1. 商品の決定・購入
    2. 最低2週間使い込む
      • 例外として当日(使用1日目)にレビューを書けるもの
    3. 記事内キーワードの設定  (後述)
    4. ライバルブロガーのチェック
    5. 記事構成(2h/3h見出し)の骨組みを決定
  2. キーワード設定は超大事
    1. 鉄板キーワード+製品特有のキーワードが必須
  3. 大切なのは経験談(商品スペックじゃない)
  4. 写真は命。できれは一眼での撮影を推奨!
    1. GENKI DOCKレビュー記事内の写真
    2. Jumper EZbook X3レビュー記事内写真
    3. 一眼カメラは世界が変わります
  5. サイト内装飾は多めでOK!
    1. ブログ内装飾の例
    2. レビュー記事はなんで飾るの?
      • 現実世界でもできるだけ綺麗な場所で買い物をしたい
      • レビュー記事は学びを求められていない
  6. デメリットまでしっかり書くこと
    1. デメリットを書かなかったことで後悔するケースも

ちなみに記事を書き始める段階で編集画面はこんな感じです。

これを最初にやっておくだけで、初めに伝えたかった内容を完璧に書ききることができます。

 

上田
上田

書き始めたらどんどん内容がそれていく…

 

こんな悩みがゼロになります。

 

これに関してはレビュー記事に限定したことではなく、ほぼすべての記事で使える手法です。

スポンサーリンク

キーワード設定は超大事

タイヘンお待たせしました。(>_<) ここからやっとレビュー記事本文にの書き方に入ります。

まずは先ほど少し出したキーワード設定についてです。

レビュー記事において、キーワード設定は大切です。

レビューでは『鉄板』であるキーワードが多くあるので、不自然にならないように入れてみてください。

レビューでの『鉄板』キーワード
  • 商品名+レビュー
  • 実機レビュー・現物レビュー
  • 商品名+口コミ
  • 商品名+評判
  • (商品名)って実際どうなの?
  • 〇週間(商品名)を使ってみた~。

僕が実践した中ではこの6つが簡単に導入できる点もかねておすすめです。

 

そう、今ちょうど出ましたが、

『商品名+おすすめ

 

という禁じ手とも呼ばれる最強キーワードもあるのですが、

〇〇〇〇 おすすめ
検索

みたいな検索が多すぎるので、ライバルのレビュー記事に埋もれてしまう可能性があります。

 

僕の経験談ですが、おすすめという文字をタイトルから取っただけで検索順位がグッと上がった記事も1記事だけですが存在します。

状況によって『あえて“おすすめ”を抜く』という判断も必要です。

鉄板キーワード+製品特有のキーワードが必須

どんな商品にも使える鉄板キーワードは大切ですが、それだけでは他との差別化ができません。

紹介する製品特有のキーワードもタイトルに入れるようにしてください。

僕が実際に使った例
  • キーボードレビュー
    ゲームやタイプが楽しくなる
  • SSD
    激安中華・検証
  • マウス
    疲労感ゼロ
  • パソコンパーツ
    激安500円

こんな感じで他の製品やライバルブロガーとの差をつけています。

この製品別のキーワードの探し方・ヒントの見つけ方は»検索順位やSEOを意識した有利な記事タイトルの決め方や例を紹介しますという記事でもっと深く掘り下げて解説していますので是非ご覧ください。

検索順位やSEOを意識した有利な記事タイトルの決め方や例を紹介します#
皆さんブログ書いてらっしゃいますでしょうか? 今回は皆さんのブログ更新や企業様のNEWSや新着情報などの更新型コンテンツがGoogle検索の上位に食い込めるような『タイトル決定』のお話をします。 たかがタイトルされどタイトル。 ...
スポンサーリンク

大切なのは経験談(商品スペックじゃない)

レビュー記事で大切なのは文字通り『レビュー(評論・批評)』であり、数字で示されたスペックは必要ありません。

例えば、僕が得意としているパソコン系のレビューです。

  • 『画面サイズは23インチで縦32.4㎝。横は18.2㎝。厚さは14㎜』
  • 『画面はIPS液晶を採用』
  • 『採用CPUはcore i7 i7-4710MQ』
  • 『製造プロセスは22 nm』
  • 『4コア8スレッド。メモリ8GB。ベース動作周波数2.50 GHz』
  • 『ターボ・ブースト利用時の最大周波数3.50 GHz』

これが製品スペックというものですね。

上田
上田

多くの方はピンとこないし、『んー。だからなんだ?』状態になると思います。

もちろん製品スペックを書いてはいけない訳ではなく、『あくまで補足情報として添えるだけというイメージで書きましょう。

また、『製品スペックがこれだから、〇〇ができますよ!』という書き方をすれば、『レビュー+スペック』をさりげなく紹介することができます。

僕が最近執筆したノートパソコンのレビュー記事は『スペック3割:レビュー7割』くらいの比率で書いています。

»【実機レビュー!】2.8万円の「Jumper EZbook X3」 はコスパ最強かつ評判以上です。

【実機レビュー!】2.8万円の「Jumper EZbook X3」 はコスパ最強かつ評判以上です。
上田 フルHDのモニターを搭載したパソコンが欲しいな。 そんなことから始まった僕のノートパソコン探しがついに完結しました。 まさかこんな形で終わってしまうとは思ってもいませんでしたが、結...

皆さんの身近な物に例えるとモバイルバッテリーのレビューが分かりやすいかもしれませんね。

ーー悪いーー

  1. これのバッテリー容量は12600mAhです。
  2. これのバッテリー容量は12600mAhです。公式ではiPhoneを5回充電できると記載がありました。
  3. これのバッテリー容量は12600mAhです。公式ではiPhoneを5回充電できると記載がありました。しかし、実際には4回とちょっとでした。でも、ほかのバッテリーよりも充電速度が速いのでこの商品はお勧めです。

ーー良いーー

1→3に進むにつれて質が上がっています。

  1. スペック
  2. スペック+公式情報補足
  3. スペック+公式情報補足+レビュー(メリットデメリット)

当たり前かもしれませんが、『3.スペック+公式情報補足+レビュー(メリットデメリット)』まで書いて初めてレビューです。

上田
上田

レビュー記事という名前で、実はレビューまでできていなかった。という記事が多い印象ですね。

 

レビュー記事が『スペック表』にならないよう注意してみてください!

 

注意!

Amazonの販売ページに書いてあるデータはすべてスペックです。コピペしてレビュー記事を完成させても、それだけでアクセスは取れません。

スポンサーリンク

写真は命。できれは一眼での撮影を推奨!

上田
上田

当サイトのレビュー記事は過去記事(2019年7月以前)の物を除き、すべての画像を一眼カメラで撮影しています。

本格的なカメラでの撮影を開始してからレビュー記事のクオリティがかなり上がりました。

言うまでもないかもしれませんが、検索順位・アクセスも共に上がり始めました。

GENKI DOCKレビュー記事内の写真

Jumper EZbook X3レビュー記事内写真

一眼カメラは世界が変わります

このように一眼カメラで写真を撮れば、写真がドヘタな僕でも高品質(に見せかけた)写真を撮ることが可能です。

※カメラを買ったからといって写真家になれるわけではありません。

実際、僕はこれまでカメラでの撮影経験はありません。

iPhone内のカメラロールに中の写真は悲惨すぎて皆さんにお見せできません。笑

スポンサーリンク

サイト内装飾は多めでOK!

レビュー記事のサイト内の装飾は『かなり多め』でOKです。

僕は(自称)ガジェットレビュワーなのでガジェットレビュワーの先輩方に書き方を伝授していただきました。

  • 噴き出し多め
  • 囲い線多め
  • 写真多め
  • マーカ多め
  • 太文字多め
  • ボタンを使用
  • 商品リンクはカエレバor簡単リンク

レビュー記事はです。

囲い線はいろいろな物を用意しておきましょう。CSSで簡単に追加できます。

ブログ内装飾の例

この商品はご提供いただきました

今回〇〇株式会社様より『〇〇専用ケース』をご提供いただきました!
レビュー依頼ではありますが本音でレビューさせていただきます。

この製品のメリット!!
  • 〇〇〇〇〇
  • 〇〇〇〇〇
  • 〇〇〇〇〇
この製品のデメリット…
  • 〇〇〇〇〇
  • 〇〇〇〇〇
  • 〇〇〇〇〇
〇〇のイチオシポイント!

〇〇のここは他の製品と比較した場合作業効率は倍近く良くなります。
この価格でこの機能を実現できている製品は他にはありませんでした!

!ちょっと注意です!

この製品は、〇〇を目的とした使用方法には向きません。
〇〇を目的とした方は△△をよくご確認の上ご購入ください。

〇〇を公式サイトで購入!

製品の使用を確認!

僕が使っている一眼カメラはこちらです!

カエレバ&簡単リンクはCSSでデザインカスタマイズを施してあります。

ボタンカラーを各ショッピングサイトのテーマカラーに設定しておくことで、クリック率が高まります。

レビュー記事はなんで飾るの?

レビュー記事はなぜ装飾を多くつけるのか?

✔理由は2つあります。

  • 現実世界でもできるだけ綺麗な場所で買い物をしたい
  • レビュー記事は学びを求められていない

この2点です。

少しだけ解説します。

 

現実世界でも綺麗な場所で買い物をしたい

上田
上田

同じものが同じ値段で売っていれば綺麗な店舗を選びませんか?

値段が同じであれば近所のスーパーではなく大型ショッピングモールで買い物をする人がほとんどだと思います。

それと同じ原理です。

ネットでも同じように、綺麗にまとめられたサイトで購入したいと考える人が大半です。

 

レビュー記事は学びを求められていない

この記事を今読んでくれている人は

  • ブログの売り上げをあげたい
  • マーケティングを知りたい
  • この記事を書いた人の考えを知りたい

このように『何らかの学び』を得るために記事を読んでくれていると思います。

このように知識や技術、ノウハウを提供するようなページに装飾が多すぎるとちょっとウザいです。笑

レビュー記事は質素で多少読みにくいだけで即ブラウザバックです。だって他に見やすい記事があるかもしれないのですから。

上田
上田

ページ内を飾って、読者を離脱させない工夫が大切です。

 

スポンサーリンク

デメリットまでしっかり書くこと

レビュー記事を書く際にはデメリットまでとことん書きましょう。

簡単いうならば

『死んでもステマはするな』

読者が購入を検討している時点でその商品の良い所はだいたい知っています。

気が付いていない方も多いかもしれませんが読者は欲しい物が決まった瞬間、その商品のデメリットを探しにレビュー記事を読み漁るんです。

  • 自分が買って後悔しない?
  • 買ってダメだったらどうしよう
  • 高くて迷ってる。ほんとに大丈夫?

これらをレビュー記事で確認して、自分にとって許容できるデメリットだった場合に購入を決めます。

さらに、デメリットは人それぞれで、製品によっても変化します。

デメリットを感じる部分
  • 値段が高い
  • 性能
  • 耐久性
  • 個性
  • 他社製品との差別化
  • 他製品とのトレードオフ

中でも一番大きなデメリットは値段です。

記事内で値段に見合う価値があるのかどうかを解説することもいいかもしれませんね。

デメリットまでしっかり書くほうが意外と売れるんです。

 

デメリットを書かなかったことで後悔するケースも

僕はガジェットレビュワーであり、パソコンやスマホ周りのデバイスをレビューすることが多いのですが、見た目では対応なのか非対応なのかわからない製品が多数存在します。

例えばスマホの充電器ひとつでも挿すプラグも大体は同じ。

すごくいい製品で利便性も高い製品ではあるが
急速充電に対応していなかった。

なんて製品もあったりします。

そんな時にはデメリットとして

『急速充電非対応

と記載する必要があります。

僕らが無責任なレビューを書くとで困るのは消費者と販売店です。

『この製品でできないこと』も書く癖をつけておきましょう。

 

スポンサーリンク

口コミは大事。自分以外の意見も大切に。

上田
上田

自分の意見だけではなく他の人の意見も大切です。

他のブロガーのレビュー記事やAmazonの評価&口コミレビューを参考にして記事を書くことも有効かもしれません。

もちろん他のブロガーの記事をコピー&ペーストしてはいけません。

1つの商品を短期間で100%理解することは不可能に近いので、ヒントを得るという意味で口コミや他記事を参考にします。

引用できる要素と掲載方法をまとめます。

引用できる要素と掲載方法
  1. 他ブロガーの記事
    →ブログの運営者に記事の引用の承諾をもらう。
    →お礼の意味も込めて必ずリンクを貼る。
    →コピーする場合は引用符『“ ”』を付けます。
  2. Amazonレビュー
    →特に注意することはありません。
    →コピーする場合は引用符『“ ”』を付けます。
  3. Twitterのレビュー投稿
    →アカウントの管理者に許可を取ります。
    →ツイートは必ず「埋め込み」で掲載。

 

これらの

『自分以外からの評価』

もブログ記事の中に盛り込むことで、読者のほしい情報を取りこぼしなくまとめることができます。

 

外部レビューを取り込んで掲載する場合の注意点

外部レビューを取り込んで掲載する場合の注意点です

外部レビューを取り込んで掲載する場合、取り込んだ(引用、コピペした)文章はあなたの考えた文章ではありません。

著作権などには十分に注意してください

逆に、あなたが考えた文章ではなくても、再掲載した文章はあなたのブログに表示されています。

当たり前ですね。

もし、引用した文章の中に『アドセンスポリシー違反』や『アドセンス 禁止コンテンツ』などが含まれる場合、広告を剥がされてしまうのはあなたのブログです。

 

上田
上田

引用元にはなんの責任もありません。

引用した文章もあなたの記事の一部になるため、見境なく引用することは避けましょう。

 

スポンサーリンク

『おまけ』レビュー依頼を急増させる方法を伝授

当ブログでは『ある部分』を追加してからレビュー依頼が急増しました。

依頼の質は様々ですが、単純なレビューオファーであれば4~5倍くらい増えたと思います。

答えは簡単です。

当ブログの全ページのヘッダーにレビュー&広告掲載というバナーを追加しました。

広告掲載・レビュー依頼について
ガジェコロをご覧いただきありがとうございます。 このページでは「ガジェコロ」内で募集している広告枠・レビューについてご紹介しております。 ガジェコロ 当サイト『ガジェコロ』の特徴をまとめておきます。提供された広告や商品がサイトコン...

↑実際のページ内容です。

このサイトはレビュー案件を募集していますよ!(*^_^*)

という意思表示+お問い合わせフォームを組み合わせて追加することで、レビューを依頼する側も頼みやすい環境になると考えています。

上田
上田

初心者ブロガーの夢である『レビュー依頼』

意外と簡単な物ですよ(‘◇’)ゞ

ページを閉じたら即実践。行動でしか現状は変化しないのですぐ動きましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました