DigiGazeについて広告掲載について

【自作PC】メモリの選び方【おすすめ容量は?DDR3・DDR4】

パソコン・ガジェット
この記事は約7分で読めます。

メモリ(メモリモジュール)とは、パソコンのデータ処理の速度・PC操作の体感速度などに大きく関係するパーツです。

色々なアプリやWEBページを開いてる時に、動きがカクカクし出したらメモリが原因である事が多く、その場合、増設・交換する事でスピードアップが期待できます。しかしパソコンの動作速度は様々な要因によって早くなったり遅くなったりしてしまいます。パソコン全体の性能を確認ながらメモリの購入・増設を考えましょう!

スポンサーリンク

用途別必要メモリサイズ。

パソコンでできる一般的な用途を例に用途別でまとめました。だいたいこのくらいあれば問題なし。

用途・目的推奨メモリサイズ
ネットサーフィン・YouTube・ビジネス用途・ワード・エクセル・パワーポイント・簡単な画像など4GBでOK!
動画編集・高画質な画像のリペア・イラスト・製図(CAD等)・Adobe系ソフト・グラフィックが軽めのゲームなど。8GB以上必要!
オンラインゲーム全般・VR・ガチの動画作成・エンコードバリバリ・超マルチタスクする場合など。16GB以上必要!
超高画質動画の編集・4K画質でのオンラインゲームなど32GB以上が好ましい!
スポンサーリンク

カクカクの原因は本当にメモリ?

パソコンの動作がカクカクだったらまず交換しようと思うのがメモリだと思います。しかし本当にメモリ不足が原因なのでしょうか?簡単に調べる方法をご紹介します。

まずは動作がカクカクするシーンを再現します。ゲームだったり動画編集ソフトだったり動作が重いと感じた時と同じ条件にします。同時にWindows標準機能の『タスクマネージャー』を起動させましょう。

上部の『パフォーマンス』タブをクリックするとCPU・メモリ・ストレージ(ディスク)・ネット回線(イーサネット)・GPU(内臓・グラフィックボード)の『使用率』を調べることができます。

上記の画像では

CPU15%
メモリ38%
ディスク14%
イーサネット0使用
GPU12%

という結果ですので大した問題はありません。実際にこの記事を書いているだけの状態です。次はちょっと重いゲームを動かしてみましょう。

CPU57%
メモリ79%
ディスク179%
イーサネット送信48Kbps受信160Kbps
GPU198%

重めのゲームだとこのように負荷がかかります。この場合メモリ使用率は79%です。結構高めですがまだ1.6GBの余りがあるので、16GBに置換したとしてもサクサクにはなりにくいと考えられます。

この場合はGPUがカクカクの原因です。98%とほぼ上限にぶち当たってます。

このようにパソコンがカクカクする原因は簡単にわかってしまうので原因を突き止めてから対策しましょう。対策せずにメモリを交換することは問題解決にはならないことが多いです。例えば10年前の廉価版パソコン(今では使い物にならないスペック)に32GBのメモリを搭載しても速度の改善にはなりません。

これからパソコンを自作する方は『試す』ということができませんので用途を確認して少し多めにメモリを積むといいかもしれません。

スポンサーリンク

メモリ選び

今回は自作PCのパーツ選びということでこのページを制作していますのでデスクトップPC用メモリを中心に解説していきます。ノート用のメモリにも少しふれる部分もありますが、まったくの別物ですので間違えることのないようにお願いします。

デスクトップ用メモリはノートパソコンには使えません。
ノートパソコン用メモリはデスクトップには使えません。

左の長いメモリがデスクトップ用メモリ。
右の短いメモリがノートパソコン用メモリ。

まずここまでサイズが違うので間違えることはないかと思いますが念のため画像を作成しました。

ここからはパソコンを自作する際のデスクトップメモリについて紹介します。現在主流のメモリ規格は

『DDR3(旧世代)』か『DDR4(現行最新)』の2択になってくると思います。さらに前の『DDR2』世代も現存はしていますが対応するCPUがcore 2 duo世代と古すぎる(現在の軽いアプリもやや厳しいレベル)ため、自作する際には絶対に選ばないようにしましょう。

スポンサーリンク

世代別対応メモリ

当ブログではよく出てくる世代別の表を見ていきましょう。1番右の『対応メモリ』というところを見ていってください。

世代
(開発コード名)
発売時期
マザーボード
ソケット形状
CPUナンバー対応チップセット
(マザー型番)
対応メモリ
第1世代
(Nehalem)
2008~
2011年
LGA1156Core i7 8xx
Core i5 7xx/6xx
Core i3 5xx
Pentium G 6xx
Celeron G1101
Intel5シリーズ
P55, H55, H57, Q57
DDR3
第2世代
(Sandy Bridge)
2011年
LGA1155Core i7 2xxx
Core i5 2xxx
Core i3 2xxx
Pentium
G8xx~G6xx
Celeron
G5xx~G4xx
Intel6,7シリーズ
Z77, H77, B75
Z68, P67, H67, H61
など
DDR3
第3世代
(Ivy Bridge)
2012年
LGA1155Core i7 37xx
Core i5 3xxx
Core i3 3xxx
Pentium G2100
Celeron G1600
Intel6,7シリーズ
Z77, H77, B75
Z68, P67, H67, H61
など
DDR3
第4世代
(Haswell)
新第4世代
(Haswell Refresh)
2013年
LGA1150Core i7 47xx
Core i5 4xxx
Core i3 4xxx
Pentium G 3xxx
Celeron G18xx
Xeon E3 12xx
Intel8,9シリーズ
Z97, H97
Z87, H87, B85, H81
など
DDR3
第5世代
(Broadwell)
2015年
LGA1150Core i7 5775C
Core i5-5665C
Intel9シリーズ
Z97, H97
DDR3
第6世代
(Skylake)
2015年
LGA1151Core i7 6xxx
Core i5 6xxx
Core i3 6xxx
Pentium G4400
Celeron G3900
Intel100,200シリーズ
Z270, H270, B250
Z170, H170, B150, H110
など
DDR4
DDR3
第7世代
(Kaby Lake)
2017年
LGA1151Core i7 7xxx
Core i5 7xxx
Core i3 7xxx
Pentium G4600
Celeron G3950
Intel100,200シリーズ
Z270, H270, B250
Z170, H170, B150, H110
など
DDR4
DDR3
第8世代
(Coffee Lake)
2017年
LGA1151v2Core i7 8xxx
Core i5 8xxx
Core i3 8xxx
Pentium G5600
Celeron G4920
Intel300シリーズ
Z390, B365
Z370, H370, B360, H310,Q370
DDR4
第9世代
(Coffee Lake Refresh )
2018年
LGA1151v2Core i9 9xxx
Core i7 9xxx
Core i5 9xxx
Intel300シリーズ
Z390, B365
Z370, H370, B360, H310,Q370
DDR4

世代別でみると1~7世代までは『DDR3規格』で6~9世代では『DDR4規格』のメモリが対応していることがわかります。注意が必要なのは被っている6世代と7世代です。 どちらも使えるわけではなく、どちらしか使えません。(混用不可)

6世代と7世代を選んでしまったときにどちらのメモリを使用するかは選んだマザーボードに依存します。DDR3対応なのかDDR4対応なのかを確認して購入してください。

スポンサーリンク

DDR4メモリとDDR3メモリの見分け方

DDR4メモリとDDR3メモリの見分け方ですが、ノートパソコン用とデスクトップパソコン用の要領では見分けられません。並べてご覧ください。

どっちがどっちだかわかりませんよね。上が『DDR4』で下が『DDR4』です。よく見ると端子部分の切込み位置が違います。『DDR4』の端子部分は若干ですが、中心が盛り上がっているのも特徴です。

しかしぱっと見での判断は困難。そんな時はステッカーを見ましょう。

メモリの規格(DDR〇もしくはPC〇)とメモリサイズ(〇GB)が必ず明記されています。
規格の説明をしていませんでしたが。DDR3=PC3でDDR4=PC4という認識でOKです。
『DDR〇』もしくは『PC〇』という表記を見つけて確実に判別してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました