DigiGazeについて広告掲載について

レオサーバーは中級者以上のブロガーには向かないことが分かりました。【レオサーバーの評判・レビュー】

ブログ構築
この記事は約6分で読めます。

2019年11月に、このサイト(DigiGaze.com)を『レオサーバー』から『エックスサーバー』に移転?移管?しました。

読者様が体感できる違いはないと思いますが、WordPressでブログを運用するものとしては結構大きな変化です。(気持ち的にも笑)

スポンサーリンク

レオサーバー(旧)はいろいろと不安の残るサーバーだった

前々から名の通っていないレオサーバーで本格的なブログ運用をすることに少々の不安がありました。

僕の過去の記事では『レオサーバーいいね!』みたいに言ってる記事が多いのですが、僕が成長するにつれて不安な要素が出始めてきたのです。これから契約を検討している方は参考にしてみてください。

瞬間アクセス可能数の情報は未公開

以前気になってレオサーバーのメール窓口で問い合わせをしてみたことがありました。

お世話になっております。
レオサーバー様の管理画面やQ&Aでの記載を発見できませんでしたので質問させていただきます。

最大データ転送容量/分
最大同時アクセス数/分
瞬間最大アクセス可能数

以上のスペックをお教えいただければと思います。
分単位で教えていただければありがたいのですが、不可能であれば時単位、日単位でも結構です。
最大同時アクセス数/分・瞬間最大アクセス可能数に関してはサイトの構成(ページ容量)にも依存するかと思いますので、目安でも構いません。

こんな感じで質問してみました。

翌日くらいに返答をいただけたのですが、

回答によると、瞬間同時アクセスなどに関する情報はすべて未公開だという事でした。

この回答をいただいた時点から、『このサーバではちょっとまずいかも…』と思い始めていました。大学1年生(4年前)からずっと使っていたサーバーだっただけにちょっとショックでしたね。笑

有名サーバーであってもこのような情報が非公開だという事がは珍しくはないのですが、ネットに情報が結構ころがっているので大体のスペックの判断ができる場合が多いです。

しかし、レオサーバーに関してはネットの情報が著しく少ない+運営が情報未公開という事だったので、詳細なサーバースペックは誰にも分りません。

そんなレオサーバーの限界が分かりました

記事の一つがちょいバズを起こして瞬間アクセス数がいつもより多くなった時に『レオサーバーの限界』だ少しだけ分かったのです。

このツイートに僕のレビュー記事がリプとして送られました。

このリプツイートがまさかの300RT超えで僕のサーバーがパンクしてしまったのです。

その時のGoogleアナリティクスのリアルタイムビューがこちらです。

記録できた範囲では、97が最大。

60を超えたあたりから執筆画面WordPressダッシュボード管理者の僕ですら入れない状態になってしまいました。

この時からTwitterにはサーバー落ちしてますなどのリプが付き、大半の人は記事が読めなかった模様。

この記事の平均滞在時間が3分ほどという事だったので、3分単位での最大同時ビューが97人だとすると、1分あたりの同時可能アクセス最大は30ちょっとが限界という事になります。(すでにアクセスし終えて読んでいる人はサーバーの負担にならないため)

90人÷3分で限界は30ですが、その時にはサーバーがほぼダウンしていました。60÷3分で分間アクセス20人でさえアクセス困難だったので、レオサーバーで安定して読者を迎え入れられる最大人数は1分/10人というのが現実的というレベルです。

僕のサイトのページは結構軽めに作ってあるので、レオサーバーの同時アクセス処理性能は分間10人くらいで間違いなさそうです。

時間単位のアクセスも打ち切り

さらにツイートがバズっていたメインの5時間は

  • 18時~19時のアクセス数954
  • 19時~20時のアクセス数934
  • 20時~21時のアクセス数945
  • 21時~22時のアクセス数887
  • 22時~23時のアクセス数894

1時間でブログに入りきる人数は900前後で頭打ちとなっていました。

ブログを読みに来てくれた人に申し訳ない気持ちと、せっかくアクセス頂いたのに申し訳ないという気持ちが込みあがってきました。

1時間で頂けるアクセスの上限が900人となると1分あたりの最大可能アクセス数は15人という事になります。先ほどのレオサーバーのWordpress運用で可能な瞬間アクセス受け入れ可能人数は20~10人くらいという事はほぼ間違いない結果となりました。

ちなみに900人×24時間×30日月間アクセスの上限が割り出せるのですが、その数字が648,000アクセス(64万8,000)

なのでどう頑張ってもレオサーバーで月間100万アクセスのブログを作ることは不可能だという事もわかりました。

スポンサーリンク

結局レオサーバーはどうなの?

僕が大学生のころから使っていたレオサーバーですが

  • 容量が無制限
  • 転送量が無制限
  • ドメインが無制限
  • サブドメインも無制限
  • メールアドレスが無制限
  • データベースが無制限

このようなフレーズが売りですが、収益目的のアフィリエイトで一番重要なのは『大量のアクセスを獲得する』という部分なので不向きであるようです。

よって、アフィリエイターには向きません。

しかし、中小企業のコーポサイトや、個人のホームページ程度であれば

  • WordPressのインストールが早い(自動)
  • 操作パネルが分かりやすい
  • 読み込み速度は早い(PSIでの速度はXサーバーと変わらない)
  • 低価格(月500円程度)
  • SSL認証が無料
  • RAIDによるディスク2重化が標準(常にデータを2重保存)

というメリットがあるため十分に使えると感じました。

ただし、サーバーの規約で再販は一切禁止なので、クライアントごとにサーバーの契約が必要です。(ドメインが無制限の意味があまりない。)

余談ですが、レオサーバーには他にいろいろな質問をしてみたのですが、半分くらいは回答不可という返答で終わってしまいました。

瞬間アクセス数だけでも運営さんが答えてくれればこんな苦労はしなかったと思うんですけどね。

なにより僕の記事を必要としてくださった読者様に届かなかったことが申し訳なかったのでちょっと奮発して『エックスサーバー』に乗り換えたという経緯があります。

サーバー移動は結構大変でしたが、無事完了したのでいつか記事出します!

皆さんも用途に合わせてサーバーを選ぶようにしてくださいね!

今回は以上です~

疲れた。

ブログ構築
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze【デジゲイズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました