DigiGazeについて広告掲載について

【WordPress】お問い合わせフォーム導入は必須です。WEBサイトの信用問題に繋がります。

ブログ構築
この記事は約3分で読めます。

皆さんWordpressを使ってらっしゃいますでしょうか?

この記事にたどり着いたという事は皆さんWordpressユーザーかと思いますが、皆さんのサイトには『お問い合わせフォーム』は設置してありますか?

WordPress初心者の方や、まだお問い合わせフォームが設置できていないという方は是非見ていってください。

スポンサーリンク

お問い合わせフォームはなぜ必要?

ウェブサイトを運営するにあたって制作者(運営者)にお問い合わせができないと信用がガタ落ちです。

また、メールアドレスや電話番号を載せておくことも有効なのですが、法人でもない個人には向いていません。電話やメールはどこのフィルターもかけないお問い合わせが24時間365日、ひっきりなしにかかってくる他、スパムやいたずらは絶えないため公開はお勧めできません。

お問い合わせフォームの設置方法

お問い合わせフォームの作成には『Contact Form 7(コンタクトフォーム7)』というプラグインを使います。

『Wordpressダッシュボード』→『新規追加』→『人気』というタブをクリックしていくと検索する前から上位に出てきます。

出てこない場合はContact Form 7で検索してみてください。

『今すぐインストール』→『有効化』まで済ませておいてください。

次に『ダッシュボード』からプラグイン一覧を見ていきます。

Contact Form 7の中の設定をクリック。

中には『コンタクトフォーム1』というサンプルが1つ入っているのでこれそのまま使います。必要に応じて編集することも可能です。

サンプルはこのようになっています。

僕は必要十分なのでこの項目のみで使っています。編集で項目を追加したい方はこちらをご覧ください。後はページ上部のお問い合わせコードを任意の場所(固定ページなど)に貼り付けるだけです。

これだけで完成です。任意でコメントの使い方や『Twitter等でも返事ができます』というメッセージを付けたしてもいいかもしれません。

こんな感じで良いと思います。プレビューでお問い合わせフォームを確認していきましょう。

こんな感じにできました。

お問い合わせのメッセージはどこに届くの?

お問い合わせのメッセージはメールに届きます。

WordPressを初回インストールしたときのこの画面で設定したメールアドレスにお問い合わせ内容が送信されてきます。

内でもどこのメールが選択されているかを確認することができます。

WordPress内の『ユーザー』→『投稿者名(僕の場合はRYU)』

ちょっと下にスクロールすればWordpressに登録してあるメールアドレスを確認することができます。

ココとコンタクトフォームのメールアドレスを確認しておいてください。

スポンサーリンク

お問い合わせフォームはGoogleの指定する必須項目

Googleのサービスである『Googleアドセンス』はブロガー初心者の目指す第1関門ですが、読者と筆者がコミュニケーションができるコンタクトフォームを必須の項目として置いています。

これがない場合、人の意見を聞かない自分勝手なWEBサイトと判断されてしまうので、必ず設置するようにしましょう。

ブログ構築
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze【デジゲイズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました