DigiGazeを楽しんでいただくために

【また負けた…】元専業がパチンコやスロットでは《絶対に》勝てないことを証明する。【パチンコスロットをやめるには?】

コラム
この記事は約18分で読めます。

皆さんギャンブルやってらっしゃいますでしょうか?

僕は2年前くらいですかね。主に『ハナハナシリーズ』『オキドキ』っていう台にお世話になっていまして、僕がパチスロで稼いだ金額は2年間で3,000,000円(300万円)でした。

さらには大学生期間中にバイトなしで1年間パチスロをやっていました。この期間では年間200万円ちょっとですかね?

「スロットは確率だ」

本気でそう思っていたため、1日台データを見てネット上の設定別の確率データと正確に比べ、良台を見つける作業を1年間続けました。そこで学んだ『パチンコ、スロットの勝てない理由』をお話しします。

もちろん当時は僕自身も勝てない理由探しでホールに通っていたわけではありません。『勝とう』とおもってホールに向かっていました。

じゃあ、勝てない理由なんて書いてどうすんだ?勝てるやり方を教えてくれよ!

なんで勝てない理由を書くのかですが、『パチンコで勝っても人生では負けているからです。』

しかもその金額的な勝ちですら長期持続はできません。

スポンサーリンク

ギャンブルにはまってしまうのは当然のこと

僕も本気でギャンブルをやっていたとはいえパチンコスロット依存症でした。

  • スロット打ちたいときには『今日は用事だから!』
  • 昨日負けたのに『勝ってるから大丈夫!』

こんな人間のクズだった時代もありました。誰もがハマってしまうように巧妙に作られているのが日本のパチンコスロットなんです。

あなたがパチンコにハマった原因は何ですか?

僕はふらっと友人について行ったことが原因でした。よくわからない台に1000円札を入れてみる。ほんの数分で1000円は消え去って、もうまた1000円。言われるがままに3000円の投資が消えていきました。その時の率直な感想は

『こんな短時間で3000円?!』

『この人たちはいくら投資してるんだ?』

という感想でした。その時には「パチンコってエグぐいもの」だと思ってしまいました。

でも月日が流れてある日ふとパチンコ店に立ち寄ってしまいました。みんな大人は口をそろえて『ダメな物』というパチンコをもっと知りたかったという探求心もあったと思います。

ここで立ち寄ったパチンコで最高のビギナーズラックを引いてしまいます。

朝8,000円財布に入れて出かけたのですが、夕方には25万円になってしまいました。信じられないかもしれませんが、僕は人生2回目のパチンコで24万2,000円の超大勝ちを経験してしまったのです。もう店中のヒーロー気分でした。w

まだ2回目なので金銭感覚はマヒしていませんでした。『この25万円を有効に使わねば!』と考え、僕は自動車の免許を取りに行くことを決めました。当時夏休みシーズンということもあり33万円合宿コースで自動車学校に通いました。

この合宿が悲劇の始まりです。鋭い方はもうお気づきかもしれませんが、自動車合宿ではなく完全なパチンコ合宿です。

誰に見られることなく悠々とギャンブルにはまっていきます。20日ほどで僕の頭はパチンコでいっぱいになりました。確か合宿での最大勝ちは4万円。最大負けは6万円だったと思います。

人生で初めて6万円という金額を1日で失って『やべぇ』と思った記憶は今でも忘れません。

結局トータルで3万円ほど負けて自動車学校を卒業しました。

スポンサーリンク

確率的にパチンコ・スロットで勝つのはかなりハードモード

スロットで勝とうとするにはまずこの『機械割』というもので出玉(メダル)を投資額よりも多く回収しなくてはいいけません。機械割とは簡単に入れた枚数の何パーセント帰ってくるかという割合です。

機械割が105%の台に500枚投資すれば525枚
機械割が95%の台に500枚投資すれば475枚

というように単純に計算できます。

実際のスロットの機械割がこちらになります。

設定BIGREGボーナス合算出玉率
11/2961/4921/18596%
21/2861/4611/17698%
31/2751/4311/168
101%
41/2621/3971/157104%
51/2491/3681/148107%
61/2321/3311/136112%

こんな感じで機械割が機種ごとに公開されています。確かに機械割では『設定3以上』の台を確保すればメダル枚数は増えていくということが分かります。この表を見る限りでは確率は6分の4で勝てることになります。

ネットの情報、週刊誌の攻略法で『勝てる!』『必勝!』見たいな情報が流れていますが、実際問題そんなに甘くありません。勝てない理由を的確にお話ししていきます。

スポンサーリンク

無理ゲーポイントその①【そもそも出る台を置いていない】

店には幾台のパチンコ、スロット台が並んでいますが、見た目で設定なんてわかりません。(パチンコには設定はないですが、、、)

先ほどの機械割という数値では設定1・2を避けて3・4・5・6の台を見つけたい。

それも、できるだけ少額な投資で早く(開店から3時間以内くらいで)発見できればその日は万々歳なわけです。

「さすがに設定1とかはめったにないだろう、角台角2台くらいから攻めてくか~」

~昼過ぎ~

「やっべもう25,000円も…」
「台変えるか。」
「午後からはボーダー上げて厳しめにいこう。」

こんな感じの経験って誰でもあるんじゃないですかね。

なんで設定456が引けないのかです。

そもそも設定56なんて使わない店がほとんどなことをご存じでしょうか。

僕が通っていた名古屋の某店舗では営業終わりに店の設定を教えてくれる店員さんがいました。その店員さんがいなかったら知り得なかった情報です。

うちでは基本設定1・2・4しか使わない。』

5・6なんて使っていたのはオープンしたての2か月か3か月くらいだよ。

みんなが6だと思って打ってるのは基本4。

3だと5日に1回くらい5000枚越えするくらい荒れる可能性があるから使わないし、1・2でも出るときには3000枚前後は余裕で出るからね。』『全1にしたりしなければお客さんが飛ぶこともないし…』

僕『?!』

その店そんなに設定絞ってる印象なかったのに全124だなんて信じられなかったよ。でもほんとに数回特別な時、閉店後に設定6を見せてもらったことが何回かあるんです。

さすが6。グラフはどれも圧巻で5000枚以上は当たり前。万枚を超えるかもという台ばかりで±0ラインを割る台はなかったです。

全5・6とかは迷信で最近の店舗はどんなに強いイベントでも2・3・4中心であることが多いです。というか今のパチンコ店では『イベントです』といって告知すること自体が法律違反となるので、イベントなんかほんとは無いのかもしれません。

『〇が付く日はアツい!』とかで人が集まっているだけでもイベント感は出てしまいます。

話がそれてしまいましたが、パチンコ店はそもそも『出る台』を置いていません。出た過去の経験に洗脳されて『出る』と思い込んでいる皆さんの勘違いです。

スポンサーリンク

無理ゲーポイントその②【店の仕組みを理解しよう】

店の仕組みということですが、皆さんが知っていることをおさらいといった感じで書きますね。

考えれば簡単に分かることですが、何故パチンコホールがあんなにも煌びやかな「城」を彷彿させるほどのホールを建てられるのかを理解していますか?規律正しい従業員を好待遇で雇えるのかをご存じですか?

  • パチンコ台購入費
  • スロット台購入費
  • 景品代、サービス代
  • 広告・宣伝費
  • 建設費用
  • 電気代
  • 人件費

これらは全てお客様の「負け」から支払われています。これ以外パチンコ屋に収入源は一切ありません。
負けることを想定した運営を打ち破って収入に変えることがどれだけ大変かを理解してみてください。理屈的に考えれば不可能です。

頑張って覆したとしても莫大な労力がかかることは言うまでもありません。

仕組み的に客はパチンコ店には勝てないのです。

スポンサーリンク

無理ゲーポイントその③【かえって来るのは出たメダルの90%】

基本的にパチンコ、スロットで勝ったとしても帰ってくるのはメダル・玉の90%の金額です。

20スロだと計算しやすいですね。

換金額10,000円ほしいとするなら500枚ではなく550枚必要です。
(550×20÷1.1=10,000円)

というかこれに限ってはスロットというゲームでの勝ち負けってあんまり関係ないんですよね。

サンド(お金を入れるところ)に1000円入れればメダルが50枚貸し出しされますが、換金するときには50枚で909円です。

  • 借りるときには1枚20円。
  • 換金する時には1枚18.1818円…(約18.2円)

こんな理不尽な搾取の手段は他では考えられませんが、『パチンコ店』が作ったルールの中で遊ばせてもらっているので文句は言えません。

この『パチンコ店のルール』ではお金をサンドに入れた時点(遊ぶ前)で既に負けているということになります。

こんなもの簡単には勝てるはずがありません。

スポンサーリンク

無理ゲーポイントその④【依存したら終わり】

パチンコ・スロットというのはよくできています。実写CGを用いた映像鮮やかに彩るLED、そして大迫力の効果音振動エアーなど様々な大当たりを意図的に演出します。この大当たり演出と同時に出玉(現金)が大量に出てくると人間は簡単に洗脳されてしまいます。

快感ですよね。よくわかります。

パチンコライターの方などが動画などでたびたび使う言葉で『脳汁』という言葉がありますが、本当に脳が躍っている状態で、この依存状態では冷静な判断ができないという研究結果も出ています。この状況では、勝ち負けってどうでもいいんです。負けて後悔するのは軍資金をすべて使い果たしてしまって店の外に出た時です。

大体こういうときって外は雨ですよね。

そもそもパチンコ・スロット中に冷静な判断ができていれば、財布の中が残り1,000円…なんて状況にもなりませんからね笑

脳内がカスカスになっている証拠です。

また、大当たりの演出が強すぎるが故にトータルで負けているにも関わらず『勝っている』と勘違いしていきます。負けた時の印象ってほとんど残ってないんですよね。

  • 勝った記憶は色濃い。
  • 負けた記憶は消えていく。

僕は現時点でパチスロを完全に引退しましたが、確かに大勝ちした記憶はよく覚えてます。

  • 確かあの店でドル箱12箱つんだよな。
  • ここで万枚出したときには22万円換金したよな~
  • このAタイプで1日打って6000枚くらい出したっけ。
  • この機種でよく閉店で取り切れなかった記憶が!

はい。今考えたら最高にパチンカスでした。

でも負けた記憶ってそんなにないです。1日で最高8万円とか負けたことがありますが、そのシーンはどんなのだった?と聞かれるとほとんど記憶にありません。

勝った記憶はどの店でどこら辺の台だったかも覚えているんですけどね。

あ~怖い。

スポンサーリンク

無理ゲーポイントその⑤【金銭的に勝っても人生は負け】

その道を極める『パチプロ』『スロプロ』という立場の人も少なからず存在することは確かです。かなり減っているようですが、今でもパチンコスロット専業で飯を食っている人はいます。

僕も大学生期間中にそれができたらいいなと挑戦していましたからね。

ここから少し『この道を究めても未来がない』というお話をしていこうかなと思います。

拘束時間が半端じゃない。

これは僕がスロット1本で生活していた時のタイムスケジュールです。

  • 起床は基本6時
  • 朝7時ごろからできるだけ先頭に並ぶ
  • 9時に入場
  • 即座に台選び遊戯開始
  • 前半5時間程度打つ
  • 昼食(できるだけ短い時間で)
  • 後半は7時間~8時間程度打つ
  • 閉店後には翌日に向けたデータチェック
  • 帰宅は24時過ぎ
  • 帰宅後も各店舗のデータやメールをチェック

約1年間この時間を守ってきました。週6でホールへ行って、スロットを休む1日は大学に行っていました。

会社員として例えるなら午前7時から帰宅24時過ぎで1日の実働が17時間オーバー。どうかしてます。

僕はこれを1年間続けて210万円ほど稼いでいました。差枚とかではなく完全に現金で210万円です。当時大学生だった僕は扶養から外れる1年間で103万円を超える収入を得ることができなかったので、スロットで非課税の収入を得てやろうと思っていたわけですよね。

軽率です。

そんなことはどうでもいいんですが、こんなタイムスケジュールでよくやっていたと思います。ブラック企業でころではありません。1年間で2、3回くらい過労死していてもおかしくないくらいの過密スケジュールです。

僕にスロットのセンスがあったか無かったかはさておき、このスケジュールで年間210万円でいいのかという問題です。もちろんその時には彼女もおらず、ほとんど家族と連絡を取ってません。友達との予定も入れられるわけがなく、ボッチで寂しい意味のない時間でした。

みんな大好き自給計算

大学生時代に年間所得210万円。

これだけ聞くと『いいんじゃない?』と思いがちですが、ほんとに良い時給もらっているのでしょうか?早速計算していきましょうか。

年間365日中で312日スロット打っていたので、1日当たりの収入は6730円です。

打つ日は毎日朝7時並び開始で終わるのは23時固定。実働時間は16時間(昼ご飯は15分程度なので入れません)

6730円÷16時間=自給420円

1日当たりの収入が6730円という時点でもうわかっていましたが、自給換算ではまさかの420円でした。学生で無知スタートだったので、専業を何年もやっている方だったら自給500円600円よくて700円くらいまでは上がるのかもしれませんが、僕は420円でした。

ちなみにどんなに強いパチプロの方でも自給1000円オーバーの方はいませんでした。(僕の界隈では)

万が一金銭的に勝っても確実に人生の負け組

無理ゲーポイントその⑤【金銭的に勝っても人生は負け】というタイトルが長引きましたが、この類のギャンブルでは人生の勝ち組にはなれません。

パチンコ・スロットで生活しようと思ったら遊び感覚では無理です。僕はパチプロは覚悟と体力、判断力、センスなど様々な要素がいる「仕事」だということを1年間の専業生活で知りました。それを仕事と決めて本気でやり続けたとしても世間からの目を気にし続ける必要があります。

それに加え、社会の歯車のどこにも所属しない稼ぎ方であるため、年金や保険などの社会的手当やセーフティーネットなどは一切ありません。

家族や友人、恋人との大切な時間も全く取れなくなってしまします。

ギャンブルでは

  • 人間関係
  • 自分の時間
  • 自分の将来
  • 社会性

など失うものは多いですが、得られるものはその場の小銭のみです。

スポンサーリンク

くだらないギャンブルは確実にやめよう。

『じゃーやめようか!』といいたいんですが、そんなに簡単じゃないんですよね。

パチンコの中毒性は恐ろしいほど強いものです。ですから、パチンコ欲を消すためには『他にもっと中毒性があってハマれるものへ欲を転換する』という方法が手っ取り早いです。というかそれ以外にはありません。

どんなに約束しても、自分に言い聞かせても人間って弱くて簡単には変われないからです。ここでそのヒントとなることを紹介していきます。

スポンサーリンク

物にお金を使いましょう

まずは物にお金を使ってみましょう。ギャンブル漬けだった人って物を買う習慣があんまりないんです。だから物欲がないと勘違いしている人が多いんですが、物欲って誰にでもあるものなんです。

車とか大きなものを買うことは無理ですが、まずは小さなものを買ってみましょう。自分の好きな物であればなんでも構いません。

おススメは家電量販店Amazonです。

新商品や自分では想像もつかなかったアイデア商品があふれかえっていて、ものを買う習慣がなかった人にとっては新鮮な場所だと思います。

家電量販店には常に最新商品が並ぶので『時代の最先端はこんな感じなのか』という新感覚を体感することができます。

Amazonはスマートフォン1つでアクセスできるので見てみてください。世の中のものが面白いくらいにそろっています。

ちなみに物欲も依存度が高くなってくるとヤバいんですが、『物欲が爆発しても大丈夫な方法が』ありますのでご安心ください。»【買い物依存症?】物欲が爆発しても全く問題のない物の買い方

スポンサーリンク

趣味を作りましょう

趣味はお金をかけてもかけなくてもできます。今回は『お金をかけるもの』と『お金をかけないもの』どちらも紹介していきます。

ゲームは最高の暇つぶし

これはお金がかからない部類ではないでしょうか?最近はスマホゲームも進化していてお金がなくてもバッリバリできるもが増えています。

お金をかけないスマホゲームは最高

Pokémon Masters

Pokémon Masters
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

僕が最近はまっている『Pokémon Masters』です。アプリ自体も無料で課金要素が少ないので完全無料でプレイできます。ポケモンが好きな方は是非!

熱中したいならゲーム機を買う!

ゲームの世界に入って熱中したいのであれば、ゲーム機を購入することをおススメします。スマホゲームだと課金しないと周りに差を付けられたり、ゲームとしてのやり込み要素が薄い場合があります。

最近だとやっぱりお勧めは『プレイステーション4』『任天堂Switch』ですかね。がっつり遊びたいのであれば最新のゲーム機を買っておきましょう。

映画を見よう

映画とかアニメとかドラマとか。結構簡単に熱中できます。僕はでAmazonプライムビデオ常時配信されている

  • 『Prison Break(プリズンブレイク)』
  • 『Mr.ROBOT(ミスターロボット)』

この2作が大好きです。海外のドラマって結構長編が多いので長く楽しむことができるので超おすすめです。

あと、Amazonプライムは映画が見られることに加えてAmazonショッピングでの送料無料やAmazonミュージック、Amazonリーディング(漫画サービス)などが一気に使い放題になるので超おすすめです。

Amazonの次におススメなのは有名動画配信サイトhuluですね。huluでは過去の(日本の)テレビドラマが多く配信されているので、見逃したドラマや昔はまっていたドラマを見ることが多いです。

旅行に行きましょう

これは少しお金がかかってしまいますが、趣味にできれば最強です。旅行を否定する人はめったにいませんからね。最初から海外旅行なんて大きく考えなくても大丈夫。

まずは近場で探せるホテルや旅館がお勧めです。

僕自身旅行が大好きなので、どこにどれくらいの料金で行けるのかなどを予約サイトで確認してから行動に出ます。まずはやっぱり個人的にも信頼度の高い『トリバゴ』で検索してみるのが最適です。

スポンサーリンク

やっぱりギャンブルはよくない

書くつもりのない記事だったので時間がなくて最後ちょっと雑になってしまいましたが、どう考えてもギャンブルはよくないです。

時間もお金も浪費する上に残るものが何もありません。人間の可能性を狭めてしまうものだと思いました。

僕自身はもうギャンブラーには戻りませんが、若いうちにギャンブルの無意味さを経験できてよかったと思います。今では時間がもったいなくてたまりません。

人間100年も生きられないのに、そのうちの何十年かを気付かずにギャンブルで浪費して人生台無しコースは想像しただけで鳥肌物です。人生の選択は間違わないように正していきましょう!

 

コラム仕事・生き方
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze【デジゲイズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました