DigiGazeについて広告掲載について

<格安シム>OCNモバイルONEを1年間契約して感じたこと【ドコモと2台持ちで比較!】

スマホ
この記事は約12分で読めます。

2018年5月からOCNを契約。現在に至るまでOCNモバイルONE契約のiPhoneをメイン機にしてきました。ドコモとの2台持ちによって見えてきたOCNモバイルONEのいいところ、悪いところを徹底レビュー!

僕の家族全員OCNです。笑
先日おじいちゃんおばあちゃんにもスマホをプレゼントしましたが、それもOCNです。頑固な親父もOCNに機種変更しました。しかし大手3キャリア(ドコモ、SoftBank、au)には性能的に及ばない部分や心配な面もありました。事実を隠さず紹介したいと思いますので、どうか最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

OCNモバイルONEはこんな人におすすめ!

OCN公式のアナウンスによると多くのユーザーに満足できるプラン、料金設定が用意されているようです。

  • SNSやメッセージアプリの利用がほとんど
  • スマホで動画をかなり見る
  • スマホでゲームをたくさんやる
  • 家族全員の月額料金が高くて困っている
  • 2年縛りや複雑なプランを組まされて損している気がする。
  • スマホデビューしたいけど、どんな機種が良いかよくわからない
  • 電話番号そのままで格安スマホにしたい
スポンサーリンク

月額料金が圧倒的に安い

毎月のスマホ代が最大でなんと65%以上お安くなるため、年間で約6万円以上の節約となり大変お得です。

月額料金が圧倒的に安い

※1 大手携帯電話会社ご利用料金シミュレーターより算出。端末タイプ:スマートフォン(4G LTE) 、料金プラン:24時間国内通話(1回5分以内)かけ放題3,200円/月(2年単位の継続利用による割引なし)、データ定額:3GB 4,200円、インターネット接続サービス300円/月の合計料金。上記は2017年2月1日時点の情報です。目安の金額となるため、実際の料金と異なる場合があります。※2 OCN モバイル ONE 音声対応SIM 3GB/月プランの月額料金1,800円(税抜)とOCNでんわ10分かけ放題オプション850円(税抜)の合計料金。

本当にこんなに安くなるのか実際に料金計算してみました。

スポンサーリンク

各社料金比較

まずはここにつきます。
ドコモiPhone7
OCNHUAWEI P20lite
をそれぞれ契約し、料金を比較しました。個人的にiPhoneはヘビーな使用はしないためiPhone7となっていますが、最近では両者同価格帯のミドルスペックとなるので良い料金比較になるのではないでしょうか?
※申し込み時期、店舗によってiPhone 7、P20ilteの取り扱いが無い場合もあります。

料金比較表

キャリアドコモの料金OCNの料金
機種代金iPhone7 24回×4125円HUAWEI P20lite 700円
SIMカード代金前機種より引き継ぎにより0円0円
音声通話シンプルプラン980円700円
データ通信ベーシックパック月5GB5000円データ通信6GB1450円
接続手数料300円なし
月々サポート24×-2200円なし
ユニバーサル料金2円2円
ケータイ補償750円未加入(500円)
小計8957円2852円
消費税(8%)716円228円
合計9673円3080円
2年契約した場合232152円73920円

機種の違いはあるものの、どちらもカケ放題オプションは無し。端末代金を抜いたとしても通信料金で3550円もの開きがあるため、確実に料金は安くなっていますね。料金面では公式の65%以上というのは少し大げさかなと言ったところですが、半額前後には落ち着くんじゃないかと思います。上記のプランはかけ放題プランに未加入なので別途通話代金が発生します。しかし実際にはかなり安くなりそう。また、削れる料金プランも結構あることに気が付きました。

スポンサーリンク

OCNモバイルONEの特徴

公式アナウンスもはさみながらOCNモバイルONEのメリットを紹介していきます。

最新端末とセットでらくらく

快適でお財布にやさしいモバイル生活を実現

先程算出した価格ですが、大手3キャリアと比較してもかなり安くなっていることがわかります。クレジットカードがあれば利用手続きも簡単。OCNモバイルONEは店舗を持ちません。基本的にはネット契約ですのでキャリアショップに行って待たされることもありません。契約に関しては快適と言っていいのではないでしょうか?入力作業も難しいものは有りませんでした!

データの繰り越しもOK!

前日または前月の余った通信容量を繰り越せる!

通信容量を翌月に繰り越せるため、今月かなり余りそう!という場合、翌月の通信量プランを下げて節約すると言った使い方もできます。500kbpsコース以外は繰越に対応!使いきれなくても安心です。通信容量が余った場合月コースは翌月繰り越し、日コースは翌日に繰り越されます!

通信容量を変更できる

利用状況に応じて月1回、自由にコース変更できて便利!

OCNモバイルONEアプリからすぐに契約変更ができます。翌月の通信容量も簡単に変更可能。余ったから翌月は少なめに契約。足りなかったから翌月は1段階多めの契約に変更!など臨機応変に対応可能。注意として月末日(月の最終日)には変更処理ができませんので、月が変わる2日前までに変更を済ませておく必要があります。

便利に使える専用アプリ

利用量、二コリの通信容量、音声対応SIMの利用明細の確認ができる

便利なのがこのOCNモバイルONEアプリ!上記の通りの機能が搭載されています。通信量がひと目でわかるインターフェースは画期的であり直感的です。そのほか節約モードで高速と低速を切り替えられます。大手キャリアでは窓口に行かなければならなかったことが全てこのアプリから確認、変更が可能となっており、使い勝手は最高です!このアプリの詳細は後ほど紹介していきますのでお楽しみに!!

家族で分け合える

1契約で複数SIMカード利用なら、通信容量を共有できる

家族での容量シェアが可能。1つの通信容量を複数のSIMで分け合うことができ経済的!さらに全てのSIMに電話番号も追加できるので、容量シェアで契約しても大手キャリアと使い心地は変わりません!先ほどの節約モードを使えばみんなで約可能!通信量コントロールも自由自在!

低速通信も快適!

低速通信(200kbps)でも一定の通信容量までは高速通信になる

意外と知られていない『低速時のバーストモード』
この機能は低速中でも、通信を開始した瞬間のみ高速通信ができるという機能。設定等は関係なくどの機種でも自動で適用してくれます。ウェブサイトでも軽いものであれば低速でもサクサクです。
しかも、OCNモバイルONEの低速は速いです。(低速が速いっておかしいですがその通りなんです!)
大手3キャリアの低速時の通信速度は128kbpsに対し、OCNモバイルONEは200kbps!
公式アナウンスはされていませんが、低速モードでYouTube最低画質(144p再生での)閲覧が可能です!個人的にこれが嬉しい!!

いろいろな端末で利用可能

iPhoneもOK!数多くのSIMフリー端末で利用できる

画像として引っ張った来てしまったので上画像の「こちら」は反応しません。お気を付けくださいっ!

確かにいろんな端末で利用可能です。OCNモバイルONEはドコモ系列のキャリアとなるのでドコモで使っていた端末はそのままで利用可能です!SIMフリー端末はもちろんau、SoftBankでの端末はSIMロック解除を行うことで使用可能となります!機種変更したくない方も、最新機種がほしい方も、OCNモバイルONEならピッタリのプランが必ず見つかります!

無料WI-FIスポットが86,000ヶ所

外出先でも動画視聴などのデータ通信が快適に

これも嬉しいサービス!町中にOCNモバイルONE会員専用のWi-Fiが飛びまくってます。コンビニがある程度の地域なら利用可能くらい多いです。どこにあるのかわからない心配もしてましたがアプリ内のWi-Fi検索機能がまた優秀!こちらもアプリ紹介の時に詳細情報載せます!

スポンサーリンク

OCNモバイルONEアプリが最高。

android、iOSどちらでも(どのスマホでも)使える最強のアプリがあるんですよね。契約当時はこれが決定打でOCNに決めました。一般的な契約と違ってOCNは店舗がないんです。ですから契約内容の変更、SIMカード追加、料金の確認などは全部このアプリからできちゃいます。待つこと、めんどくさいこと、人ごみが3拍子揃って嫌いな僕にとってはホントに嬉しいサービスです。

通信量確認がひと目でわかる

こんな感じですね。実際に僕が使ってる画面です。月に何GB使えるのかがパッと見で把握できますよね。僕は月20GBで契約していて使用分が10.12GBです。残りが13.50GBで合計で23.62GBとなりますが、3.62GBは前月の繰り越しでGETした容量となってます。そのほかに下欄に【契約確認・請求情報・容量追加・節約モード】とありますので順に説明しますね。(いらないかもしれないけど笑)

見にくくなっちゃうので画像なしで頑張りますね!

契約確認

ここでは契約内容である

  • ご契約中の発信番号(電話番号)
  • お客様番号(ユーザーID)
  • 契約プラン
  • 契約コース
  • 契約コース変更ボタン

以上の5つの機能が使えます。重要なのはコース変更ボタン!ここからいつでもコース変更が可能です!窓口に行かなくてもいいですし、電話も必要ありません。先ほども少し触れましたが月の最終日(月末日)は変更ができませんのでお気を付けくださいね!

請求情報

ここでは月ごとに料金確認ができます。今月の料金に加え過去の料金も確認できます。

僕のアプリでは(2018年6月契約なので)過去10か月分しっかり見ることができます。

容量追加

ここでは通信容量が足りなくなった時に追加で付け足すことができます!

540円で500MB(0.5GB)追加できます。ここでの追加は割高になってしまうのでプラン内に収まるよう計画的にコース選択をしましょう!

節約モード

OCNモバイルONEの神機能「節約モード」

これを実装してるケータイキャリアって実はあんまりないんです。通信容量を節約したいときに自分で低速モードにできる機能なんです!!

冒頭に書いたことをも一回書きますが意外と知られていない『低速時のバーストモード』も使えるんです!
この機能は低速中でも、通信を開始した瞬間のみ高速通信ができるという機能。設定等は関係なくどの機種でも自動で適用してくれます。ウェブサイトでも軽いものであれば低速でもサクサクです。
しかも、OCNモバイルONEの低速は速いです。(低速が速いっておかしいですがその通りなんです!)
大手3キャリアの低速時の通信速度は128kbpsに対し、OCNモバイルONEは200kbps!
公式アナウンスはされていませんが、低速モードでYouTube最低画質(144p再生での)閲覧が可能です!個人的にこれが嬉しい!!

スポンサーリンク

OCNユーザー専用WiFiスポット

OCNユーザー専用のWiFiスポットがるんですけど、これが数ありすぎて超便利です。コンビニとかカフェに多くて助かってます。「町中にしかないんじゃないの?」みたいな感じで疑ってましたけど意外とどこでもあります。さっきのOCNアプリで場所の確認ができるんです。

こんなにいりませんレベルであります!これは僕の住んでいる名古屋近辺の地図なんですが、コンビニがあるくらいの場所だったらちらほらあるようですね。通信制限が怖くなくなります。

ここでお得情報なのですが、このWiFiを知らない人が多い!!カフェで使っているのですが、利用人数が少ないこともありドコモのWiFiよりも早かったです!このWiFiはOCNユーザーしか使ません。IDとパスワードが必要となっておりユーザーは快適に利用可能です!ぜひお試しあれ!!

スポンサーリンク

テザリング(インターネット共有)

OCNモバイルONEはドコモ系列なので、テザリング(モバイルルーター化)機能をオプションや追加料金なして利用可能です!

実はこのブログもテザリングをパソコンに接続して書いています。家のインターネットがない環境でもブログを更新できるので、かなり重宝しています。僕自身のこだわりですが、テザリングが使えないスマートフォンは契約しないようにしています。笑

他には3DSを繋いでポケモンの対戦など…(完全に趣味です)

通信容量の範囲なら高速でテザリング可能です!学生の一人暮らしならネット契約が要らないくらい高速で格安です!

スポンサーリンク

OCNの欠点

OCNも安いだけではありません。悲しいことですが欠点もあります。

「大手3キャリア(ドコモ、SoftBank、au)には性能的に及ばない部分や心配な面もありました。事実を隠さず紹介したいと思いますので、どうか最後までお付き合いください!」

最初にこう言ったので包み隠さず話します。2つ欠点があるのですが、どちらも通信速度関係です。

昼間の通信速度が遅い

昼間(11時30分頃~13時00分頃まで)は通信速度が遅くなりがちです。これは格安SIM全般に言えることなのですが、多くの人が使う時間には本部側から制限がかけられてしまうのです。とは言ってもLINEの送受信Twitterの閲覧などは問題なし。インスタはちょっときつめ。YouTubeの高画質視聴は困難といった感じです。止まるわけではないので大きなデメリットではありませんが、お昼休みにWiFiがない!動画見たい!という方限定で厳しいかも。。というレベルです。

人混みでは遅くなってしまう”場合も”あり

こちらはケースバイケースですが人混みに弱い場合もあり。です。

詳しく話します。

具体的な状況例
場所(状況)通信速度
ユニバ、ディズニー(パーク内)快適
東京駅、名古屋駅(平常時)快適
東京駅、名古屋駅(ラッシュ時)やや遅い
近所の花火大会(道端に10,000人規模)止まる可能性あ

人混みでも一概に遅いとは言えないんですよね。これらは実際に僕が行った場所です。

簡単にまとめると

  • 人が多くなる事をを想定されて作られた場所は余裕。
  • 人が多くなる可能性が低い場所に人が押し寄せると電波が虫ケラ急に弱くなってしまいます。

花火大会ではほぼ止まっていました(LINEの送受信不可)となりのauの友達は電波が細いなりにもなんとかLINEは可能という感じでした。

これも滅多に出会わないケースですが、想定外に人が溢れてしまった場合、使い物にならなくなる可能性があります。ここですかね。最大のデメリットは。

個人的にケータイ電話としての機能が一時でも使えない時間があるので災害時などを想定すると覚えておかねばならないデメリットかと思いました。

OCNのデメリットは以上です。

スポンサーリンク

OCNモバイルONEのまとめ

いかがでしたでしょうか?
OCNモバイルONEの紹介でしたが、メリットに比べデメリットがかなり少ないです。また、名義変更などに対応しているのも格安SIMではOCNモバイルONEと他少しだけですね。

僕は1年ほどドコモとOCNモバイルONEで2台持ちをしていますが、かなり使い心地はいいです。ドコモはどうしても高くなってしまうので今解約すらなら間違いなくドコモです。

一定状況下の通信速度が許容範囲であれば間違いなく機種変更をお勧めします!

格安SIMキャリア契約者は現段階では少ないんですが、人数が少ない今ユーザー数を増やそうとキャンペーンも多く開催されています。

格安SIMをさらに格安で契約できるのは今しかないと思いますので、迷ったらプランだけでものぞいてみてくださいね!

追記:OCN光も併用すると料金がお得になるようです。一家のネット全部OCNにしましたが、家族5人で年間25万円以上安くなりました!!!!


スマホ
スポンサーリンク
【役に立ったら】シェアお願いします!
インスタ・Twitterはこちら!
スポンサーリンク
DigiGaze【デジゲイズ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました