DigiGazeについて広告掲載について

サーバーにWordPressを入る!(レオサーバーWordPress導入編)

サイト・ブログ構築
この記事は約4分で読めます。

前回の記事でサーバー契約とドメインを検索し購入までたどり着きました。

前回の記事を読んでいない方はこちらをご覧ください。

»ブログ・WEB制作を始めるためにサーバーを借りよう!【僕はレオサーバーを愛用しています】

今回はWordpressを導入してブログを公開できる1歩手前まで進めます。

レオサーバーでドメインを設定する

レオサーバーにログインします。

前回までの作業を終えればサーバーからメールが届いているはずなので、メールの中の『ID&パスワード』を確認してレオサーバーサイト上部に入力してログインしてください。

ログイン画面にアクセスできたら『ご利用一覧』をクリック。

『サーバー管理』をクリック。

サーバー管理画面のトップが現れました。僕は現在6個(内1つがDigiGaze)のドメインを運用していますが、まだ先ほど契約した『ryuueda.com』というドメインはありません。

ページ上部赤囲いの『管理ドメインの追加』をクリック。

出てきたページに前の記事で契約したドメインを正確に入力します。同時にFTPユーザー名FTPパスワードを決めます。ユーザー名はなんでもいいですが、パスワードは複雑なものにしましょう。

FTP関係はサーバー管理画面からだけではなくFTP管理ツール等でログインできてしまうので、世界中から狙われる場所なので設定は慎重かつ厳重に。

確認画面を経て次へ。

これでWEB上で公開できる領域(ドメイン=住所)ができました。『作成したWEB領域ページへ進む』をクリックするか、先ほどの『サーバー管理』へ進んでください。

無事『ryuueda.com』というドメインが追加されていることが確認できました。ドメインをクリックしてWEB公開領域を確認していきましょう。

今回の目的はWordpressでWEBサイトを作ることなので

  • データベースを作成
  • アプリケーションにWordpressを追加

これらの作業を行っていきます。

スポンサーリンク

データベースの追加

赤色の枠で囲った中の『DBの追加』をクリックするとデータベースを追加できます。追加といってもユーザー名とパスワードを入力するだけなので難しいことはありません。

  • DB種別はMySQL
  • 文字コードはUTF-8(utf8)
  • データベース名は任意(英数字)
  • パスワードは強固なもので設定

これでデータベースの追加は完了です。

管理画面でもしっかりとデータベースが追加されていることが確認できます。

スポンサーリンク

WordPressをインストール

レオサーバーではWordpressのインストールもクリックのみで完了します。

データベース下のアプリケーション管理欄の『追加』をクリックします。

上から3番目の『WordPress』をクリックします。

インストール先は『http://www.ryuueda.com/』の最初の階層にインストールするので後の空欄は白紙で大丈夫です。

先ほど作ったデータベースを選択して、セキュリティは任意で設定してください。

最後に『作成』ボタンをクリック。

!!!ご注意ください!!!
http://www.ryuueda.com/にはファイルが存在します
続行すると既存のファイルが上書きもしくは削除されます。

というメッセージが表示されますが、作成してしまって大丈夫です。

『もともとあった白紙のファイルを削除してWordpressをインストールします』という意味ですが、ファイルが白紙であっても出てしまう警告なので無視して構いません。(^^)/

これでWordpressの導入は一旦終了です。『ここ(新規ウィンドウが開きます)』をクリックするとWordpress設定画面に飛べます。

ドメインの浸透などで時間がかかっている場合には『ページが見つかりません』などでアクセスできない場合がありますが、心配ないです。

ちょっと待ってからもう一度入ってみましょう。

 

先ほどのページを閉じてしまった場合でも、アプリケーションの『HOME』『管理画面』ボタンからWordpresをインストールしたドメインにたどり着くことができます。

↑この画面を拝めれば今回の記事内容はクリアです。(^^♪

ここから先は自分で調べてでもできるレベルなので、自分なりに頑張ってもOKです。

お疲れさまでした。

次回はWordpressでテーマをインストールして、外観を大きく変更していきます。

次回記事»WordPress新規サイトの外観を変更する【WordPressのテーマ変更】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました