【#SaveHomeProject】家族・恋人とのおうち動画を1,000円で
ガジェコロについてレビュー&広告掲載

【コロナに負けるな!】家で過ごす時間を快適に!家での娯楽やリモートワーク環境を整える。

その他・雑記
この記事は約33分で読めます。
上田
上田

皆さんこんにちは。上田龍(うえだりゅう)と申します。

2020年がスタートして早々に新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に襲い掛かっています。

世界自由の人々が自宅待機を強制・推奨されている状況ですが、慣れない生活が強いられていることも事実。

日常生活でのストレスがたまりやすくなっている状況ですが、少し思考を変えたり、便利なものを導入するだけで生活や仕事のストレスが圧倒的に減少するんです。

今回の新型コロナウイルス騒動に関わらず、これから先にも自宅で過ごさなければいけない事態が起こるかもしれません。

また、アフターコロナ(コロナ鎮静後)』という言葉も出始めており、これからはリモートワークの需要も増加すると考えられています。

この記事では、そんな事態に対応できる自宅環境の作り方を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ちょっとだけ前置きです。

本題に入る前にちょっとだけ前置きです。僕の職業はブロガー兼WEBエンジニアです。

仕事のほとんどを自宅で行っており、毎日リモートワークか自宅勤務で1日を終えます。

外に出ることが嫌いという訳ではないので、完全に休みの日には旅行やドライブにはいきますが、年間300日近くは家にいます。

今回この記事の内容は『家で過ごす時間を快適に!家での娯楽やリモートワーク環境を整える。』という内容&タイトルで作成しています。僕の日常生活を紹介することで自宅環境を改善できる人がいるのではないかと思いこの記事を作成しました。

皆様の生活にお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

リモートワーク環境を整える

冒頭でもお話しした通り、これから(コロナ鎮静後)はリモートワークの需要が格段に増えると予想されています。

逆にオフィスワークなどを主とした会社は『リモートワークを取り入れない=意識が低い』という認識になる予感です。

また、会社がリモートワーク環境を整えたとしても、皆さんの自宅に作業環境やパソコンがない場合には対応できません。これから変わっていく社会に対応できる環境を整えておくことが大切です。

パソコン環境を整える

僕はいつもこのような環境で作業をしています。

まずは自宅でパソコンを使うときの環境を整えましょう。

まともな椅子や机もなく、動作の遅いパソコンしかないという方は要注意です。

リモートワークや自宅作業で姿勢や体を壊してしまう可能性があり、パソコンがあまりにもモタモタしていると作業時間が倍になることもあります。

今回はあまりお金をかけないで、最高の環境へ整えるアイデアを提案します。心配無用です。

高価なパソコンを購入する必要はありません。

『リモートワークのために新しいパソコンを買わなきゃ!』

と焦る気持ちも分かりますが、機能てんこ盛りなパソコン購入する必要はありませんし、家電量販店で10万円以上する高価なパソコンを買う必要もありません。

この章の最後では僕が紹介するお勧めパソコンショップを紹介しています。

是非最後までご覧いただければと思います。

リモートワークで必要なパソコンは…

リモートワークに限らず、家庭で仕事をする方のほとんどは高価なパソコンを買う必要はありません。はじめにノートパソコンについてですが、購入する基準はこれだけでOKです。

作業・リモートワークに必要な要素
  • 画面サイズは11インチ以上
  • CPUはcore iシリーズが快適
  • メモリ(RAM)は8GBあるといい
  • ストレージはSSD搭載

この4点をクリアしたパソコンを購入することで、リモートワークや自宅作業が格段に快適になります。

順に解説しますが、自分はすでに理解しているという方や、読んでも良くわからないという方は読み飛ばしていただいて大丈夫です。上の枠線の4点を店員さんに言うだけでパソコン購入は成り立ちます。

画面サイズは11インチ以上

画面サイズが11インチ以下だと作業に支障が出ます。YouTubeをみる程度の用途でしたら画面サイズは無視できますが、仕事となれば11インチ以上は必須です。

11インチ以上のノートパソコンを推奨する理由がもう一つあり、11インチ以下のノートパソコンはキーボードのキーが小さくなってしまいます。

一般的なフルサイズキーボードは1つのキーサイズは14㎜~15㎜となっており、11インチ以下のノートパソコンはこれよりもキーが小さくなるか、キー同士の間隔が狭くなります。

小さいキーボードでは基本的にブラインドタッチができません。普段ブラインドタッチをしない人でもキーボードを打つ感覚が違ってくるので、間違いなく文字入力効率が落ちてしまいます。

CPUはcore iシリーズが快適

一般的にノートパソコンに搭載されているCPU(プロセッサ)はIntel製の物が多いです。

仕事を前提で購入するパソコンであればある程度の性能を持ったCPUを搭載したパソコンをお勧めします。

Intel製CPUのグレード

↑ 性能が高い ↑
core i7

core i5
core i3
Pentium
Celeron
Atom
↓ 性能が低い ↓

簡単なIntel製CPUの性能ランクです。

簡単な作業(文書作成・officeなど)であればPentium以上で十分な性能がありますが、リモートワークとなり、ビデオ電話などを使う場合にはcore iシリーズ(core i3 core i5 core i7)搭載品を購入してください。

ビデオ電話+メール・officeなどを同時に開くと性能不足となる場合があります。

メモリ(RAM)は8GBあるといい

メモリ(RAM)は最低4GB、理想は8GBを搭載したものを選んでください。

CPUと同様で、同時に複数アプリを使用した場合、快適にパソコンが動作するギリギリが4GBとなっています。

アプリのサイズや重さによっては4GBでは足りない場合があるので、理想は8GBとしました。

逆に、ほとんどの場合16GBも使いきることは無いので8GBで十分です。

ストレージはSSD搭載

ストレージ(保存領域)は大きさよりも質です。

ストレージ=保存領域という認識で軽視しがちですが、写真は文章だけでなくOS(Windows)やアプリなどもすべてここに入っています。

旧式のHDD(ハードディスク)搭載モデルではなく、新型ストレージのSSD(ソリッドステートドライブ)搭載モデルを選んでください。

  • パソコンの起動
  • パソコンのシャットダウン
  • アプリの起動・終了
  • 様々なデータの読み込み
  • データの移動・コピー

などなど、ほとんどの作業が高速化します。SSD搭載パソコンでは従来のHDDパソコンと比較して作業速度は1.3~1.5倍ほどに上がると思います。1日8時間パソコンを使っていたならば6時間ほどで終わってしまうかもしれません。

上田
上田

待ち時間のストレスは10分の1くらい?

というより、ストレスフリーかもしれません。

できれば脱・ノートパソコン!

そもそも『ノートパソコン』は持ち運び前提で設計されており、自宅で長時間作業をするには向いていない問題も多く抱えています。

代表的な問題は画面の大きさです。

ノートパソコンの画面サイズは一般的に11インチ~15インチとなっていますが、長時間小さなモニターで作業するのは厳しい。

デスクトップパソコンの導入を検討したほうがいいかもしれません。

また、自宅にデスクトップパソコンを置くスペースがなかったり、そこそこミドルスペックなノートパソコンを持っている方はキーボード・マウス・モニターを揃えるだけでデスクトップパソコンのように使うこともできます。

マウス、キーボードはなんでも大丈夫です。

モニターは24インチフルHDの物を選ぶようにしましょう。



お勧めのモニターに中で安価な物を厳選しました。(どれも10,000円ちょっとです。)

参考になればうれしいです。

また、オンラインでパソコンを購入できる格安パソコンショップも当サイト管理人である僕が紹介していますので、是非みていってください。20,000円~くらいの価格でパソコンを購入することができます。

»【PCのプロが教える】パソコンの激安・格安ショップを公開します。2020年最新版!

おすすめ中古PCショップランキング5選!選び方&買い方も解説!新品との違いは? - パソコンの教科書

マイク・WEBカメラは必要に応じて購入!

リモートワークでは電話会議などが予想されます。

パソコン環境に必ず必要!という訳ではありませんが、必要に応じてWEBカメラやマイクを購入しておくといいかもしれません。

パソコンでビデオ通話を使った会議を行う場合、パソコンに標準搭載されているインカメラやマイクではやや性能不足です。

パソコンのカメラはスマートフォンの物とは別で低画質です。

動画の撮影においては人物の顔がはっきり認識できないレベルの物が多いため、ビデオ会議には不向きかもしれません。

マイクに関してもスマートフォンのように電話目的でパソコンを使うことは少なく、高音質なマイクを搭載している物が少ないです。

電話会議やビデオ会議ではスマホの通話(LINEやfacetime)などを利用することを推奨しますが、どうしてもパソコンで通話する必要がある方は外付けのマイク・カメラを検討してみてください。

スポンサーリンク

家での娯楽環境を整える

自宅で過ごす日、過ごさなければならない日にはリモートワークよりも娯楽環境のほうが大切かもしれません。

僕は自分の家を『自分の好きな物だらけのテーマパークにする』と決めています。休みであろうが、仕事であろうが、僕は家から出る必要性がありあません。(引きこもりではないです笑)

皆さんが自宅待機を快適に乗り切るヒントがあるかもしれません。

ゲーム機を買っておく

言うまでもないかもしれませんが、ゲームが好きな人にとってはゲームこそが最大の時間つぶし&娯楽になることは間違いありません。

当サイトでもいくつかゲーム関連の内容を扱っていますが、お勧めはSwitchやプレステなどの家庭用ゲーム機です。

次に携帯用ゲーム機。3DSとかPSvitaとかですね。

最終手段(お勧めはできない)としてスマホアプリのゲームです。

なぜ家庭用ゲーム機がおすすめ?

僕個人の意見になってしまうかもしれませんが、僕のブログでは

  • ゲーム機でできるゲームはどんどんやってOK
  • スマホでのゲームは極力NG

という考えを持っています。

»ゲームで頭が悪くなる時代は完全に終わったと思う話
»【無駄な時間】堂々の第1位はスマホゲームだった件。ゲーム依存予備軍多すぎ問題!

詳しくはこちらの記事で解説していますが、スマホゲームはどこでも出来すぎてしまうことや、ゲーム会社の運営スタイルの関係で課金という要素を取り払うことが絶対にできません。

スマホゲームをやった時間=
課金してしまった金額

という計算にほとんどの人が当てはまってしまうので、自宅でスマホゲーム漬けというのはお勧めできません。

プロジェクターで家を映画館に!

家での暇つぶしを考えた時に誰もが思いつくことが『映画鑑賞』ではないかと思います。

皆さんはご家庭で映画を楽しむ際に何を使って鑑賞しますか?

  • スマートフォン?
  • パソコン?
  • テレビ?
上田
上田

ふふ。甘いですな

ご家庭に40インチ以上のモニター・テレビがある場合は必要ないかもしれませんが、ほとんどの方に『家庭用プロジェクター』をお勧めします。

上の写真は僕の自宅に常設してある家庭用プロジェクターです。結構昔に購入したものなので、型落ちではありますが、このプロジェクターにパソコンをつないで映画鑑賞を楽しんでいます。

また、映画だけでなく、ゲーム機を接続することで大画面かつ高画質でゲームを楽しむことも可能です。

上田
上田

家にプロジェクターを置くなんてのまた

なんて思っている人が多いんじゃないかと思いますが、実際はそんなことはありません。

Amazonなどで検索していただくと意外と安価で販売されています。

少し前までは2~3万円のものが主流でしたが、最近は10000円以下で販売されていることに驚きました。

僕が持っているプロジェクターは15,000円程度の物ですが、今はそれよりも低価格で高性能な物が購入できるようです。(悔しいです。笑)

プロジェクターを購入したことある方は少ないかと思いますので、少しだけ選び方のコツを紹介しておきます。

プロジェクター選びのポイント!
  • 解像度フルHD(1920×1080)
  • HDMI出力対応
  • 明るさが3000lm(ルーメン)以上の物

上記の3点を確認して購入してみてください。

解像度フルHD(1920×1080)

これはパソコンやモニターでは当たり前となりつつありますが、フルHD規格の物を選んでください。

ひと昔前のパソコンや、テレビなんかはHD(1366×768)という画質を採用していたのですが、プロジェクターでは断然フルHDのほうが幸せになれます。

プロジェクターで壁に投影するとテレビやモニター換算で100インチサイズを軽く超えるので、HD画質では画面が引き延ばされてしまって粗く、汚く見えてしまいます。

HDMI出力対応

これは言うまでもないかもしれませんが、パソコンやゲーム機の外部出力映像端子のほとんどはHDMIという規格なので、ここは必ず確認してください。

明るさが3000lm(ルーメン)以上の物

聞きなれないlm(ルーメン)という単位ですが、これは明るさの単位です。

深く理解する必要はありませんが、3000lm以下の物では部屋の些細な明かりでも画面が見にくくなってしまう製品があります。

Amazon内をざっと見た感じでは4000lm程度の商品が主流でしたので、心配ないかと思います。4000lm確保しておけば、部屋の豆球を付けた状態でも問題なくスクリーンを見ることができます。

上記3つの条件をクリアした製品を掲載しておきます。


僕がおすすめだと思ったものを3つ挙げさせていただきました。

どれを選んでいいかわからないという方はこの3つの中から選んでいただければ、先ほどの3つの条件をクリアしたプロジェクターを購入できます。

作業中にはラジオが良いかも!

最近はインターネットは普及して、受け身の娯楽といえばYouTubeが王様。そのほかは音楽を聴く・VOD(AmazonPrimeビデオ、・Hulu)などが一般的になってきました。

上田
上田

是非、ラジオを聞いてみませんか?

僕もこれは盲点だったんですが、ラジオはかなり優秀です。

暇なときだけでなく、作業中に聞くことができる音楽やラジオですが、僕は今まで音楽派でした。(というよりラジオを聴く習慣がなかった…)

最近ブログを書いたり、WEBサイトを制作しているときにラジオを聴き始めたのですが、意外と面白いものです。

さらには最近のニュースや、コロナ情報を知ることができるので重宝しています。ラジオはYouTubeと違って個人で運営できるものではないのでデマや嘘情報が少ないです。というか無いです。

信頼のある情報を作業中に聞けるラジオは僕の中でありばたい存在になりつつあります。

しかもラジオを購入する必要もなく、アプリダウンロードだけで公共のラジオを聴くことができます。

radiko

radiko
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

#家で過ごそう

今SNS上でも「#家で過ごそう」というタグが拡散されています。

コロナウイルスは流行して自宅待機が余儀なくされている人や、これから予想されているリモートワークブームに対応できる自宅環境を整えてみてはいかかでしょうか?

上田
上田

最後まで読んで頂きありがとうございました!

»【PCのプロが教える】パソコンの激安・格安ショップを公開します。2020年最新版!

おすすめ中古PCショップランキング5選!選び方&買い方も解説!新品との違いは? - パソコンの教科書





コメント

タイトルとURLをコピーしました