DigiGazeについて広告掲載について

タイプやゲームがマジで楽しくなる『e元素メカニカルゲーミングキーボード』がマジで最高。理想に出会いました。

ガジェット
この記事は約13分で読めます。

ブロガーたるものキーボードは命。

タイトルでばれてしまっているのですが、e元素という中華産のメカニカルキーボードを購入しました。made in Chinaという不安は残りましたが買って正解の理想的な商品だったので紹介します。

ステマではなく個人的な買い物でしたが控えめにいっても最高です。

僕が購入した当時は4,799円でした。ゲーミングキーボードを購入するとなると有名メーカー製は8,000~10,000円越えとなるので、このお値段でしっかりとした軸使用キーボードを購入できるのは評価が高いです。

今回は『e元素 メカニカルゲーミングキーボード 赤軸』をがっつりレビューしていきます。

スポンサーリンク

僕がキーボードを選ぶ条件

余談ではありますが、今回キーボードを購入するにあたって僕が決めた条件があるんです。

↓ブロガー兼プチゲーマーな僕が決めたキーボードの条件がこちら↓

  1. テンキーレス(ショートキーボード)
  2. バックライト白色固定ができる
  3. しっかりとした軸キーボード
  4. 赤軸(無音)
  5. コードの取り回しが良いこと
  6. US配列希望(デリートボタンが大きいから)
  7. 同時押しができるアンチゴースト機能付き
  8. できれば防水

以上8個です。

こんなに同時に叶うわけないと思っていたのですが、このキーボードは全部叶いました。

まさか防水までついてくるなんて…

スポンサーリンク

早速レビュー

聞きなれない中国のメーカーという事だけが引っかかっていましたが、ちゃんとしたアマゾンの箱で梱包されており、いわゆる『チャイナポスト』ではありませんでした。

Amazonの箱から取り出すと鷲印のシンプルな箱で登場。

横には『e元素』の文字だけでかなり潔いデザイン。好きです。

早速開封!

といいたいところなのですが、がっつり2週間強も使い込んでしまいました!笑

じゃないとレビューにならないですからね。

ブロガーの僕がおすすめする仕事道具やパソコン環境を紹介します【部屋紹介記事】という記事にもがっつり登場させてしまいました笑

ブロガーの僕がおすすめする仕事道具やパソコン環境を紹介します【部屋紹介記事】
ウェブサイト制作 日常的にブログを更新 パソコンゲーム 動画編集(練習) PC修理・自作PC こんな趣味や仕事をしている僕が毎日使っている必須アイテムを紹介します! 必須アイテムというか環境紹介と...

同梱物

早速ですが、同梱物の紹介です。

同梱物は

  • キーボード本体
  • USBケーブル
  • 交換赤軸スイッチ×5
  • キートップ取り外し工具
  • キー軸取り外し工具
  • 取り扱い説明書(英語・中国語)

以上の6点です。

キーを抜く工具系が入っているのはありがたいです。キーキャップやキー軸はどのメーカー製も大体形状が同じなので修理の際に流用できます。

e元素 メカニカルゲーミングキーボード 赤軸の外観はこんな感じです。

スペースキーのワンポイント鷲マーク以外には変わったデザインはありません。超シンプルで最高です。外観は100点!

スポンサーリンク

機能や性能面を徹底的に!

キーボードでできる機能やもしっかりとレビューしていきます。

FN+PGDNバックライトモード切替
10種類
FN+ ↑ or ↓バックライトの明るさ調整
FN+ ← or →アニメーションの速度
FN+「+」or「-」単色モードの切り替え
「白、紫、青、シアン
緑、黄、赤」
FN+WinWinキーロック(緑発光)

FN+何かしらのキーで様々な機能を呼び出すことができます。

FN+PGDNでイルミネーションを変更できます。全10パターンでタイピングに反応する発光パターンもあり!

色味は綺麗です!

バックライトは基本レインボーですが、FN+「+」or「-」単色発光が可能です。僕の大好きな常時白色発光ももちろん可能でした!

色設定をしないと基本はレインボーで発光するのですが、FN+「+」or「-」単色発光+点灯パターンはそのままという内部設定となっているようで、流れる単色発光などが楽しめます。

説明が下手で申し訳ないです。

続いてスペックです。

赤軸、青軸
茶軸、黒軸
キースイッチOutem製
CherryMXの互換性有り
配列US(英語)
バネ圧力50±15g
キーストローク2.2±0.6mm
Nキーロールオーバーアンチゴースト81キー
(全キー対応)
耐久性5,000万回
接続有線USB(着脱可能USB⇔USBminiB)

軸ラインナップ

軸のラインナップは、黒と外箱に記載がありました。僕がアマゾンで見た時には青と赤の選択肢しかなかったので、黒、茶軸は中国の店頭販売のラインナップなのかもしれません。

そんなことより筐体が金色(ゴールデン)を見逃せません。どんな感じなんだ????(;´∀`)

Amazonでは筐体カラー黒白ラインナップです。

キースイッチはOutem製

キースイッチ(軸)は高級品のCherryMX製ではなくOutem製となっています。廉価版ではあるものの、押し心地に違和感はなく壊れることもめったにありません。ほかのメーカーの製品でOutem製の青軸キーボードを2つ持っていますが不具合や故障などは経験していないので信頼しています。

故障しても予備で5キー分のキースイッチはついているので簡単に交換可能です(‘◇’)ゞ

このモデルはUS(英語)配列です

キー配列はUS(英語)配列で、エンターキーが小さく バックスペースキーが大きいといった特徴があります。¥マークのボタンがありません。

僕は文字を消すときに バックスペースキーが大きいと押しやすいのでUS配列キーボードをたくさん持っています。エンターキーは慣れます笑

アンチゴーストキー81キー全キー対応

このキーボードは驚きのアンチゴーストキー81キー全キー対応です。

81個のキーをすべて同時押ししても全部正常に認識します。ゲーミングキーボードでないと6キー同時押し以降は反応しないといったものがあるので、全キーアンチゴーストはほんとに神です。(内部どうなってんだ笑)

接続は脱着可能USBケーブル

接続は有線USBなのですが、脱着可能でスマホを充電するケーブルと同じ端子で接続できます。(USBtype-Cではなくmini-Bです。)

さらにケーブルを出す方向を変えることができます。

中央・右・左で変更可能なのはめっちゃありがたい!!

もちろんキーボードの角度を15°くらい調整できるスタンド?もついています。

まさかの防水機能付き!

公式画像で発見したのですが、防水設計らしいです。これは驚き。

※ご注意・キーボードを水に入れるのは原則禁止となります。

という注意書きがあってわかりにくいのですが防水キーボード全般に言えることでジュースなどをこぼしたときは水が抜ける構造になっているので大丈夫。ですが、浴槽などに沈めるなどの完全水没はあかんです。というキーボード事情を言いたいのだと思います。

要は、上からコップ1杯くらいの水につかったくらいでは壊れないという事です。

漢字の表記が不自然なことから中国語の翻訳だと思います。あるあるですね。致し方なくこういった表現になってしまったんだと思われます。

キーボードなので限度はありますが、防水はマジで安心です(*^_^*)

スポンサーリンク

肝心の押し心地はどうなのよ?

ここまでは説明書やAmazonページでわかってしまう事。

肝心なのはキーの押し心地です。

( ゚Д゚)

赤軸特有の反発のないスコスコ感が見事です。2週間使ってきましたが、メンブレン(ゴム軸の安物)キーとは比べ物にならない爽快感があります。

高級ゲーミングキーボードの純正赤軸(CherryMX製)キーを搭載したモデルを何度も触ったことがありますが、それとそん色ない打鍵感です!

ベリーグッドで文句なし!

今回赤軸を購入した理由も嫁さんに怒られないため。うるさい青軸の苦情は凄まじかった。

赤軸のe元素に変えてからは苦情ゼロになりました!(キー軸自体は無音ですがキートップが筐体と衝突する音はあるため無音ではありません。)

ショートキーボードはやっぱり良い!

これも商品情報だけではわからない部分なのですが、やっぱりショートタイプ(テンキー無し)キーボードは最高ですね!

以前使用していたGAME TITANのキーボードはマウススペースを大きく奪ていたためマウスがっぶつかったりマウスパッドからはみ出していたりでテンヤワンヤ。

ゲームの時だけでなく執筆時にも悩まされていました。

並べてみると一目瞭然!

テンキー使わないし…

あと、以前のキーボードはゲーム用に購入したためLEDが常時レインボーで見づらかった!ブロガーは固定色バックライト必須ですね!

スポンサーリンク

非の打ち所がないキーボードに出会えた!

この記事にお世辞やステマはありません。断言します。

このキーボードはマジで最高です。

今この記事の文章を打っていて『もう紹介終わりか…』みたいな気分になっています。(←変態)

新たなPCデスクのお供が参戦したのでこれからのブログ更新が増えること間違いなしです。ブロガーとかパソコンオタクたくってそういう生き物なんです。

安物買いの銭失い経験が多い方はこれを試してみてください。このブログにステマはありません( `ー´)ノ

もう3,600文字だ!いかんいかん。

それではこの辺で!ばいばい~

↑青軸・赤軸は商品ページより変更できます!

参考:iyusuke

コメント

タイトルとURLをコピーしました